転職ノウハウ

【日本は終わっていない!】手取りが少ない現状を変える3つの行動!!

  • なんで仕事を頑張っているのに、こんなに手取りが少ないんだろう?
  • できれば手取りをもっと増やして、生活を楽にしたい
  • どうすれば手取りが増えるんだろう?

 

昨年の10月に、「メーカーに12年勤めているのに、手取り14万なんて日本は終わっている」というのが話題になりました。

それに対して、ホリエモンは以下の内容を配信しています。

 

 

要するに、「手取りが少ないのは、自分のせいだよね?」ということが言いたいわけです。

でも、手取りってどうやって増やすことができるんだろう?

という方に、手取りを増やすための行動を3つご紹介します。

 

手取りを増やす3つの行動
本業で最大限成果を上げる
年収を上げる転職をする
自分で副収入を稼ぐ

 

今回は、この3つの行動を親切・丁寧に解説していきます!

この記事を読むことで、以下の内容を知ることができます。

 

  • あなたの手取りが少ない理由
  • 手取りを増やす3つの行動
  • 手取り早く、給料を上げる方法

 

給料が低くて悩んでいる方に、具体的な解決策をご紹介している記事になっていますので、ぜひ最後まで読んでください!

 

 

この記事の重要なポイントだけ読みたい方は、下のボタンからジャンプしてください。

この記事の重要な
ポイントにジャンプ!

何で長期間勤めているのに、手取りが少ないの?

 

 

同じ会社に長期間勤めているけど、全然給料が上がらない、、、。

このように悩んでいる方は、かなり多いと思います。

頑張って働いているのに、何で手取りが少ないんだろう?

という方は、そもそも手取りが少ない原因を考えたことはありますか?

そんなの会社が悪いに決まってるだろ!!

と思う方に、「長期間同じ会社に勤めても、手取りが少ない理由」を2つご紹介します。

 

あなたの手取りが少ない理由
  • 自己評価が必要以上に高く、会社の評価と解離しているから
  • 儲からない産業で働いているから

 

この2つを丁寧に解説していきます!

 

自己評価が必要以上に高く、会社の評価と解離しているから

 

ノートパソコンを使用してホワイトボードの横にある男を見ながら座っている3人の男性

 

まず1つ目は、「自己評価が必要以上に高く、会社の評価と解離しているから」ということです。

 

なぜならば、給料は会社にどれだけ価値を提供したかで決まるため、会社からの評価が低いと給料も上がるわけがないからです。

 

僕の会社でもいますが、

俺はこんなに頑張っているのに、何で給料が上がらないんだ!

という方は、あなたに周りにも結構いませんか?

自分では頑張っているつもりなのに、全然給料には反映されない。

その原因は、あなたの自己評価と会社の評価に大きな差がある可能性が高いです。

自己評価と会社の評価に解離がある理由は、以下の通りです。

 

  • 自分は仕事を頑張っていると思い込んでいるから
  • 長期間勤めていれば、給料が上がると思い込んでいるから
  • 実は仕事で成果を出せていないから
  • 会社は、目に見える成果を提示してくれないと評価できないから

 

こういう不満をもらす人に限って、会社の評価制度がいまいち理解できていない人が多いです。

評価の基準が分かっていないのに、「自分の給料を上げるべき!」という根拠は言えませんよね?

評価制度なんか知らなくたって、給料を上げてくれれば良いんだよ!

という方に言いたいのは、会社の評価制度が分からないと、「自分は給料が上がるだけの仕事をしているのか?」という答え合わせができませんよね?

なので、この問題の改善点は以下の通りです。

 

  • 自分は給料アップに値する成果を上げているのか考えてみる
  • 自分の給料を上げるべき根拠を数字で表す
  • 上司に会社の評価制度の詳細を教えてもらう
  • 労働組合に交渉してもらう

 

給料アップに値する成果を出しているなら、交渉するべきです。

ですが、答え合わせをしないことには何も分からないので、まずは会社の評価制度を知るところから始めましょう!

【サラリーマン必見!!】自分株式会社の視点で考えるキャリア戦略 自分のキャリアをどう築いていけばいいのか分からない 自分の将来が不安だな〜 副業とかで収入を増やしたいな〜 ...

 

儲からない産業で働いているから

 

昼間ツールを持っている人

 

2つ目は、「儲からない産業で働いているから」ということです。

 

なぜならば、儲からない産業で働いていても、会社に残る利益が少ないので、給料アップが厳しいからです。

 

儲からない産業の例を上げると、以下の通りになります。

 

  • 製造業
  • 小売業
  • 飲食業
  • サービス業

 

これらの産業に共通することは、会社に利益が残りにくい産業だということです。

何で利益が残りにくいの?

という疑問にお答えすると、売り上げを上げるまでに必要な経費が高いので、最終的な売上総利益が残りづらいからです。

 

売上総利益とは、売上から売上原価を差し引いたもの。

粗利益(あらりえき)とも言う。

※引用Wikipedia

 

要するに、社員に払える給料も多くするためには、売上原価が低い事業でなければなりません。

この構造を理解せずに、自分の給料が低いと嘆いている人は結構多いです、、、、泣

じゃあ、どの業界が利益が多いの?

という疑問にお答えすると、以下の通りになります。

 

  • IT業界
  • 人材業界
  • 金融業界
  • 不動産業界

 

こういった業界は在庫を抱えなかったり、動かす金額が大きい業界なので、平均年収も割と高い業界になります!

でも、こういった業界はどうやって求人を見つければいいの?

という疑問にお答えすると、まずは転職サイトで探してみることをオススメします!

そこで気になる求人が見つかれば応募してもいいし、どんな求人があるのか情報収集するのも大切なことです。

なので、儲かる業界はどんな給料形態なのかを転職サイトで確認してみましょう!

ちなみに、元転職エージェントの僕がオススメする転職サイトは、こちらの記事でご紹介しています!

【【オススメ】ブラック企業が少ない転職サイト4選

【オススメ】ブラック企業が少ない転職サイト4選こんにちは!ぽんすけです。 今回は、「【【オススメ】ブラック企業が少ない転職サイト4選」という内容についてお話していき...

 

手取りが少ない現状を変える3つの行動を解説します!!

 

 

現在手取りが少なくて、生活が苦しいという方も多いと思いますが、

どうすれば、手取りを増やせるんだろう?

というふうに考えたことがある人は、正直少ないと思います。

不満ばかり言って、何も行動してないや、、、。

という方のために、「手取りを増やす3つの行動」をご紹介します!

 

手取りを増やす3つの行動
  • まずは本業で最大限成果を上げる
  • 給料が上がらないなら、転職も視野に入れる
  • 自分で副収入を稼ぐ

 

この3つを丁寧に解説していきます!

 

まずは本業で最大限成果を上げる

 

person using laptop on white wooden table

 

1つ目は、「まずは本業で最大限成果を上げる」ということです。

 

なぜならば、会社員にとって本業で成果を上げることが、手取り増やすための一番最初の手段だからです。

 

会社の給料は、「どれだけ会社に価値を提供したか?」で決まるようになっています。

会社への価値提供って言われても、いまいちピンと来ないんだよな〜。

という方に具体的な例をあげると、以下の通りになります。

 

  • 営業マンなら、どれだけ月の契約数を増やすことができたのか?
  • マーケティング職なら、いかに自社サイトに集客して成約まで導いたか?
  • 工場勤務なら、どれだけ長い期間安全作業を継続できたか?

 

このように、「どれだけ会社の利益を増やすことに貢献できたか?」というのが、会社への価値提供の定義になります。

そう考えると、

早く定時来ないかな〜、お腹すいたし。

みたいに、定時が来るまでダラダラと働いている人って、結構多くないですか?

そんな方は、まだまだ本業で価値を提供できていないと言えるでしょう。

なので、以下の内容を意識してみることをオススメします!

 

  • 「自分が会社に提供できる価値は何なのか?」を考える
  • 今までの自分は、「どの程度価値を提供できていたのか?」を振り返る
  • 振り返ったうえで、理想と現実のギャップを把握する
  • 実際に行動に移す

 

これらを実践できれば、会社での評価は今まで以上に上がること間違いなしです!

なので、まずは本業で成果を出すことを頑張ってみましょう!

 

給料が上がらないなら、転職も視野に入れる

 

白いノートに書いている人

 

2つ目は、「給料が上がらないなら、転職も視野に入れる」ということです。

 

なぜならば、本業で成果を出しても給料が上がらないのであれば、その会社に勤めていても手取りは増えないからです。

 

年収は「業界×職種」で決まる仕組みになっていますが、所属している業界が悪ければ、いくら成果を上げても年収が上がることはありません。

年収が上がらないということは、当然手取りも増えるわけがありませんよね?

なので、その解決策としては転職をすることが一番効果的です。

転職なんて、いきなり決断できないよ、、、。

という方に言いたいことは、実際に内定が出るかどうかは転職活動をやってみないと分からないので、まずは他社の選考を受けてみましょうということです。

他の会社から欲しがられる人材なのかは、自分では分かりませんよね?

だったら、自分が他社でも通用する人材なのかを、転職活動によってジャッジしてもらいましょう!

とは言っても、転職の知識も何もないから怖いな〜、、。

という方は、転職のプロである転職エージェントに相談することをオススメします!

転職エージェントを使えば、以下の内容が可能になります。

 

  • 今の自分は、他の会社から必要とされる人材なのか知ることができる
  • 自分にはどんなスキルが足りないのか、プロの目線から教えてくれる
  • 今後のキャリアを考えて、求人を提案してくれる
  • 内定が出た時には、年収の交渉を頑張ってくれる(必ず年収が上がるわけではありません)

 

勘違いしている人が多いですが、転職エージェントを利用したからといって、絶対に転職をしないといけないわけではありません。

なぜなら、無理やり転職をさせても、求職者がすぐにやめてしまっては転職エージェントの存在価値がないからです。

 

なので、転職活動をするなかで、「この会社だ!!」というのが見つかれば転職すれば良いし、見つからないなら転職する必要はありません。

 

手取りが少なくて悩んでいる現状に、不満を言い続けたところで何も変わりません。

なので、実際に転職活動を行ってみて、「納得する給料・納得する働き方」を実現できる会社を探してみませんか?

ちなみに、僕がオススメする転職エージェントは、こちらの記事で解説しています!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。 このような疑問を持たれ...

 

自分で副収入を稼ぐ

 

ラップトップを使用している人

 

3つ目は、「自分で副収入を稼ぐ」ということです。

 

なぜならば、もし何か趣味があるのなら、そのスキルがお金に変えれる可能性があるからです。

 

趣味もスキルもないから、バイトでいいんじゃない?

という方も多いと思いますが、正直バイトはオススメできません。

なぜならば、時給で働いて稼ぐことになるので、結局自分に何も残らないからです。

会社員は時給ではありませんが、働いた日数で給料が決まることに関しては、バイトと大差がありません。

じゃあ、どんな副業をすればいいんだろう?

という方にオススメなのが、クラウドソーシングです!

 

クラウドソーシングとは、特定のスキルが得意な人に、ネットを通して仕事をお願いすることです。

引用Wikipedia

 

クラウドソーシングで受けることができる仕事の一部を紹介します。

 

  • ライティング
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • イラスト制作
  • 動画編集

 

他にも仕事はたくさんありますので、あなたにも受けることができる仕事がある可能性があります!

クラウドソーシングも、仕事を受けた分だけお金がもらえるなら、バイトと変わらないんじゃないの?

という疑問にお答えすると、クラウドソーシングは、お客さんから継続的にお仕事をもらえるようになれば、さらに単価も上がるので、稼げる金額をアップさせることも可能です!

でもクラウドソーシングって、初めて聞いたからどこを使えばいいのか分からないな〜。

という方は、ココナラランサーズクラウドワークスがオススメです!

この3つに登録しておけば、仕事を受けることができる可能性が高くなります。

なので、自分のスキルで副収入を稼いで、手取りを増やす行動を起こしましょう!

 

今の会社で給料が上がらないのであれば、転職を考えましょう!

 

茶色の革のバッグを持って歩く人

 

これまで、手取りを増やす方法について解説してきましたが、最も問題解決に繋がるのは転職をすることです。

 

なぜならば、この記事を見ているあなたは本業で精一杯頑張っているのに、手取りが少なくて悩んでいるからです。

 

本業で最大限価値を提供しているのに、給料が上がらないのは所属している会社に問題があります。

なので、今の会社でいくら頑張っても給料が上がることは、おそらく無いでしょう。

でも同じ会社でずっと働いているから、他の会社で通用するか分からないし。

という心配があることも分かります。

ただ、あなたが他の会社で通用するかを知る方法は、転職活動をすることが一番なのです。

転職活動をすることで、以下のことが可能になります!

 

  • 自分という存在が、他の会社で必要とされるのか分かる
  • 自分がどれくらいの年収をもらえるのか分かる
  • 良い企業から内定をもらえれば、転職することができる
  • どこも受からなければ、今の会社に残る選択ができる

 

転職活動をすることで、あなたが失うことは何もありません。

なので、勇気を出して転職活動をやってみましょう!

でも、1人で転職活動をするのは不安だな、、、。

という方は、転職エージェントを利用することをオススメします!

でも僕みたいな転職初心者は、どこの転職エージェントを使えば良いんだろう?

という疑問にお答えすると、dodaが一番オススメです!

dodaを利用することで、以下のサポートを受けることができます。

 

  • 応募先の企業の志望動機の言語化をサポートしてくれる
  • 面倒な自己分析も、転職のプロのサポートを受けながらできる
  • 苦手な履歴書作成や、職務経歴書作成のサポートをしてくれる
  • 面接対策をしっかりすることで、自信をもって本番に臨める
  • 内定をもらえた後に、年収交渉も頑張ってくれる

 

dodaは転職初心者にとことん寄り添ってくれます!

なので、安心して転職活動を行ってみてください!

10万件以上の求人から厳選してご紹介

dodaの詳細はこちら

※もちろん無料で利用できます

 

自分に合う転職エージェントを比較したい方は、こちらの記事を参考にしてください!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。 このような疑問を持たれ...

 

まとめ:今の現状を変えたいなら、まずは行動してみよう!

 

今回は、「【日本は終わっていない!】手取りが低い現状を変える3つの行動」という内容についてお話しました。

今回の内容を振り返ります!

 

あなたの手取りが少ない理由
  • 自己評価が必要以上に高く、会社の評価と解離しているから
  • 儲からない産業で働いているから

 

手取りを増やす3つの行動
  • まずは本業で最大限成果を上げる
  • 給料が上がらないなら、転職も視野に入れる
  • 自分で副収入を稼ぐ

 

本業で最大限成果を出しているのに、給料が上がらないのなら転職も考えましょう!

という内容でした。

今の現状を変えたいのなら、あなたが行動するしか方法はありません。

他人を羨む前に、一歩踏み出してみましょう!

次回も転職に関する記事を投稿します。

おわり

10万件以上の求人から厳選してご紹介

dodaの詳細はこちら

※もちろん無料で利用できます