転職ノウハウ

高卒から新卒で入った会社を辞める理由4選【原因は自分にある】

こんにちは!ぽんすけです。

 

今回は、「高卒から新卒で入った会社を辞める理由4選」という内容についてお話していきたいと思います。

 

今の会社自分に合わないし、辞めようかな、、、、。

 

こんな風に思われている方も結構多いと思います。

 

なぜ辞めようと思うのか結論から言うと、「理想と現実のギャップが激しいから」ということです。

 

僕自身は、そこまで理想と現実のギャップを感じたことはなかったですが、友人や同僚が辞めていくケースをたくさん見てきました。

 

なので今回は、「退職理由の共通点」について、深堀っていきます。

 

この記事を最後まで読んでいただくことで、「新卒が会社を辞める理由」についての理由を知ることができますよ!

 

それではいきましょう。

 

高卒から新卒で入った会社を辞める理由

 

退職を考えている男性会社員のイラスト

 

僕自身、高卒から新卒で入った会社で5年以上働きましたが、先輩や後輩が自分よりも早く辞めていくのを目の当たりにしてきました。

 

また、高校時代の友人も高卒で働いている人は結構いますが、3割くらいは最初に入った会社を辞めていく印象です。

 

こういった人たちの退職理由を聞く中で、共通点があることを、僕は発見しました。

 

なので、新卒の人が陥りがちな「今の会社辞めたい病」の具体的な理由を4つご紹介します。

 

高卒から新卒で入った会社を辞める理由4選

・入社したら思ったより給料が安かった

・職場での人間関係が上手くいかなかった

・仕事が自分に合わなかった

・他にやりたいことが見つかった

 

これらを具体的に解説していきます。

 

入社したら思ったより給料が安かった

 

賃金格差のイラスト

 

まず1つ目は、「入社したら思ったより給料が安かった」ということです。

 

なぜこのようなことが起こるのかというと、求人票をよく見てなかったり、詳しい詳細を分からないまま入社してしまうからです。

 

今の会社は給料が安いから、もっと高い所ないかな?

 

こんな考えの人って、結構多いです。

 

ただ、僕に言わせると「そんなのは入る前から分かっていたこと」だと思います。

 

そもそも給料が書いていない求人票なんてありませんし、ボーナスの事とか昇給の事とかも記載されています。

 

その上で応募したのに、給料が安いと言ってしまうのは、自分に落ち度があるとしか言いようがありません。

 

では、なぜこんな事になるのかというと、

 

・その会社の求人票を、きちんと見ていない

・他の会社の求人票と見比べていない

・進路相談の先生に相談していない

・そもそも何を書いているのか分からないまま応募している

 

これらが理由かと思います。

 

学生のうちから、求人票を理解しろ!と言っても無理があるかもしれませんが、分からないなら分からないなりに、他の人に聞くなどすべきです。

 

これができないと、今の会社を辞めたところで、次の会社でも同じことが理由で辞めていくでしょう。

 

職場での人間関係が上手くいかなかった

 

職場いじめ・パワハラのイラスト(女性)

 

2つ目は、「職場での人間関係が上手くいかなかった」ということです。

 

これに関しては、結構デリケートな問題ですし、もちろん第三者が悪いケースも多々あります。

 

ただ、ここで言えることは、

 

必ずしも第三者が原因で人間関係が悪いわけではなく、自分自身にも原因があるケースも多々あるという事です。

 

職場での人間関係が上手くいかなくて、会社を辞めようと思うんです、、、。

 

みたいな退職理由を、転職エージェント時代に耳にタコができるほど聞きました。笑

 

辛い思いをしているのは察していますし、そこに関しては事実だと思うのですが、「それって、あなた自身が原因じゃないの?」みたいなことも結構多いです。

 

例えば、

 

・そもそも自分からコミュニケーションを取りに行っていない

・仕事を覚えようとしない

・勤務態度が悪い

・人の話を聞かない

 

などが原因で、自分で自分の首を絞めている状況が多々ありました。

 

ただ当の本人は原因は自分にあると思いたくもないし、思うわけもないので、いつも他責にしているわけです。

 

僕はそこをストレートに指摘して、求職者から嫌われたりしてましたが、、、、。笑

 

でも実際、コミュニケーションなんて自分で何とでもできるし、上手くいかない理由のほとんどは、自分に原因があります。

 

その事実から逃げ続けているなら、どこの職場に行っても、人間関係が上手くいくことはありえませんので、自分自身を見つめ直す必要があります。

 

仕事が自分に合わなかった

 

退職届のイラスト

 

3つ目は、「仕事が自分に合わなかった」ということです。

 

この理由で会社を辞めたがる人って、結構多いですよね。

 

なぜこのような理由で辞めるのかというと、入社前の段階から「この会社では、どんな仕事をするのか?」が正しく理解できていないからです。

 

いまの会社の仕事、なんか合わないんだよね。

 

こんな人に言えることは、その企業の分析が十分足りなかったという事です。

 

なぜそうなるのかと言うと、

 

・そもそも求人票をしっかり見ていない

・企業のホームページを見ていない

・自分のキャリアについて、真面目に向き合っていない

 

ハッキリ言って、これらが原因です。

 

また、「仕事が合わない」という人のほとんどは、思っていた仕事内容とのギャップが原因である可能性が高いです。

 

その原因が分かっていない以上、何回転職しても、

 

この会社も思ってたのと違う、、、。

 

みたいな事が必ず起きますし、改善の余地はないでしょう。

 

その会社を選んだのは自分なので、原因が自分にあることを認めないと、理想の会社に辿り着くことは一生ありません。

 

他にやりたいことが見つかった

 

「心機一転」のイラスト(男性)

 

4つ目は、「他にやりたいことが見つかった」ということです。

 

これだけは、唯一ポジティブな退職理由です。

 

なぜやりたいことが見つかったのかというと、学生時代には感じたことのない価値観や、感情が理由で、「自分のキャリア」について、見つめ直すからです。

 

僕やりたいことが見つかったので、会社を辞めようと思っているんです。

 

こういった相談を、後輩からされたことがありました。

 

この後輩は、仕事が終わってからも自主学習に励み、結果として目指していた職業に転職することができました。

 

こうやって、思ったら実行してみるというチャレンジ精神みたいなものって、結構大事です。

 

なぜなら、ほとんどの人がやらない理由を探して、結局行動しないからです。

 

例えば、

 

・休日は予定があるから

・平日は疲れているから

・最近仕事が忙しいから

 

というように、人間はやらない理由を考える天才です。

 

この考えのままでは一生何も変わらないので、とりあえずやってみるっていうのが大事です。

 

その結果、人生が大きく好転することだってあり得ますし、これが理由ならば会社を辞めるという選択肢は全然アリだと思います。

 

退職理由で最も多いのは、「思ったのと違った」です

 

ふさぎ込む人のイラスト(男性会社員)

 

僕は社会人を10年近くやってますが、自分よりも早く辞めていく人を何人も見てきましたし、転職エージェント時代に担当の方の転職理由を聞く機会も多かったです。

 

もちろん理由は様々だったのですが、最も多かった退職理由は、「思ったのと違った」という理由です。

 

自分は会社を見る目がないですって、言っているようなもんだろ。笑

 

いつもこのように思うのですが、彼らに共通しているのは、全く企業の下調べをしていないということです。

 

その結果、

 

・短期離職を繰り返すようになる

・転職活動の面接で短期離職の理由を突っ込まれる

・まともな理由が答えられず、撃沈、、、、。

 

みたいな負のスパイラルに陥ってしまいます。笑

 

なので、そうならないためにも企業研究というのは念入りに行うことで、理想と現実のギャップを無くすことができ、短期離職を防ぐことができます。

 

まとめ

 

今回は、「高卒から新卒で入った会社を辞める理由4選」という内容についてお話していきました。

 

新卒組も、転職組も、良くありがちなことは「理想と現実のギャップ」です。

 

短期離職は良い物ではないですし、職歴も荒くなってしまうので、入社してからのギャップを防ぐためにも、企業研究は念入りに行うようにしましょう!

 

次回も転職関連の記事を投稿していきます。

 

おわり

 

doda×moto 転職を武器にする生き方 【最高の学びの時間になった】 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 こんにちは!ぽんすけです。 今回は、「motoさんのトー...