転職ノウハウ

なぜ自分の市場価値を上げるべきなのか?【あなたの未来が変わる】

こんにちは!ぽんすけです。

 

今回は、「なぜ自分の市場価値を上げるべきなのか?」という内容についてお話したいと思います。

 

どうして市場価値を上げないといけないの?

 

という疑問を持たれている方も多いと思います。

 

このワードは最近よく耳にしますよね?

 

その意味を正しく理解することで、「自分のやるべきこと」が明確になります。

 

この記事を最後まで読んでいただくことで、「市場価値を上げるべき理由」を理解することができ、明日からやるべきことが明確になりますよ!

それではいきましょう。

なぜ市場価値を高める必要があるのか?

エプロン姿の男性の表情のイラスト「考える」

 

これからの日本は、転職活動が更に活発になっていき、「市場価値の高い人材」が厳しい社会を勝ち抜いていくようになります。

 

そのうえで知っておきたいことが、「なぜ市場価値を高める必要があるのか?」正しく理解することが重要だということです。

 

その理由を3つご紹介します。

 

市場価値の高い人間ほど、年収を上げやすいから

・今後、黒字リストラが日本に浸透するから

・リストラにあった時に、再就職することが難しくなるから

 

これらを具体的に解説していきます。

 

 

市場価値の高い人間ほど、年収を上げやすいから

 

まず1つ目は、「市場価値の高い人間ほど、年収を上げやすいから」ということです。

 

なぜならば、転職市場はオークションのような物だからです。

 

はて?ぽんすけは何を言ってるんだ?

 

という方の為に分かりやすくお話すると、「ヤフオク」や「メルカリ」などで、希少価値の高い品物って高く売れるじゃないですか。

 

その商品が欲しいがために、

 

5000円でどうですか!?

 

いや、うちは6000円で!

 

みたいな市場の競りのようなやりとりが行われるわけです。

 

転職市場も全く同じで、「希少価値の高い人材は、どの企業も欲しがる」ということになります。

 

なので、このような市場価値が高い人がリクルートdodaのような「転職エージェント」に登録すれば、求人のオファーは余るほど来ます。

 

そのような状態になれれば、自分の望む企業に行ける確率も当然あがりますし、年収も上げやすくなるので、市場価値を上げる必要があります。

 

 

今後、黒字リストラが日本に浸透するから

 

2つ目は、「今後、黒字リストラが日本に浸透するから」ということです。

 

なぜならば、黒字リストラの文化は、すでに始まってしまっているからです。

 

そもそも「黒字リストラ」という言葉を聞いたことがありますか?

 

以前までのリストラの概念は、「会社の利益が上がらず、給料が払えないからリストラする」というのが一般的でした。

 

ですが今は、「会社の利益は過去最高益でも、不必要な人材はクビにする」という新しい概念が生まれたのです。

 

黒字リストラについては、こちらの記事でも詳しく解説しております!

 

大企業に就職は正解なのか?【本気で考えてみよう】こんにちは!ぽんすけです。 今回は、「大企業に就職は正解なのか?」ということについてお話していきたいと思います。 ...

 

なんでクビになるのかというと、「社内での存在価値がないから」というのが、残酷ではありますが、現実です。

 

そもそも「市場価値の高い人材」になっていれば、社内でも必要とされるし、社外でもヘッドハンティングしてもらえるようになるので、市場価値を上げることが必要です。

 

 

リストラにあった時に、再就職することが難しくなるから

 

3つ目は、「リストラにあった時に、再就職することが難しくなるから」ということです。

 

なぜならば、企業は経験のある即戦力を採用したいという気持ちがあるからです。

 

仮に「市場価値の高い人材」が会社の経営不振によって、リストラされても、もともと能力があるので、すぐに転職先が見つかります。

 

ですが、「黒字リストラ」にあってしまった方々は「ある程度の年数が経っても、役職も無いし、特に必要とされていない」からリストラになってしまいます。

 

そうは言っても、どこか就職先はあるんじゃない?

 

という疑問に対しては、「ホントにどこでもいいのなら就職先はある」と言えます。

 

大企業に所属していた人にとっては、とてもじゃないけど、プライドが許せないでしょう。

 

俺は大企業で何年も働いてきたんだ!

 

そんな気持ちがある以上は、簡単に就職先は見つかりません。

 

なので、そんなときに困らないためにも、市場価値を上げておくことが必要になります。

 

 

自分の市場価値の確かめ方

 

では、「自分の市場価値は、どうやって確かめればいいのか?」についてですが、その方法は2つあります。

 

・転職エージェントに登録する

・ミイダスに登録する

 

この2つを具体的に解説していきます。

 

 

転職エージェントに登録する

 

まず1つ目は、リクルートdodaといった「転職エージェントに登録する」ということです。

 

なぜならば、エージェントから紹介される求人の質によって、今の自分の市場価値が測れるからです。

 

んー、何かあんまりいい求人を紹介してくれないな、、、。

 

という経験をした方も多いかと思います。

 

そんな方に、「転職エージェントとして働いていた僕の経験」からお話すると、

 

あなたが微妙と感じる求人くらいしか紹介できない市場価値だということです。

 

厳しい言葉かもしれませんが、求職者の方に多いのが、「自分を過大評価している」人が多いという印象がありました。

 

なので、エージェントから微妙な求人を紹介された時に、エージェントのせいにしてしまうのです。

 

ただ、その現状を知れたのなら、むしろチャンスです!

 

自分がどんな能力を身に付ければ、「市場価値は上がるのか?」を考えるきっかけになる訳ですから。

 

まずは、今の自分自身と向き合うためにもリクルートdodaのような大手転職エージェントに登録して、自分の市場価値を図ってみてください。

 

もちろん登録は無料でできます。

 

 

ミイダスに登録する

 

2つ目は、「ミイダス」に登録するということです。

 

なぜならば、ミイダスは「自分と類似した人材の転職実績」や「自分が興味のある職種・業界に、どのような人材が転職できたのか?」を検索できるからです。

 

なので、他の転職サイトと比べて、「よりリアルな自分の市場価値を測れる」のがオススメです。

 

僕も実際に登録していますが、自分の学歴や職歴で「どんな企業から、どれくらいの年収がもらえるのか?」ということを知ることができているので、非常に便利です。

 

そういった点から、ミイダスを利用する際には、「完全に待ちの状態」で良いです。

 

転職エージェントに対しては、「自分から行動する姿勢」で転職活動に臨んでほしいですが、ミイダスは、あくまで「自分がどんな企業に転職か?」ということや、「これぐらいの年収がもらえるんだ。」を知るくらいの感覚で大丈夫です。

 

もし、オファーされた求人の中に、受けたい企業があれば受けてもよいでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「なぜ自分の市場価値を上げるべきなのか?」という内容について、お話していきました、

 

今後は、昔よりもサラリーマンに対しての「付加価値」が求められるようになりますし、この「付加価値」が無い人は、黒字リストラの対象者になってしまうでしょう、、、、。

 

そうならない為にも、社内からも社外からも必要とされる人材を目指すべきです!

 

あなたが、市場から求められる人材になる為にも。

 

次回は恋愛系の記事を投稿していきたいと思います。

 

おわり