転職エージェント

【必見!】転職エージェントの面談は、電話じゃダメなのか問題を解説!!

  • 転職エージェントに登録したら、面談するんだよね?
  • 外出するのもめんどくさいし、電話じゃダメなのかな?
  • ついでに、電話面談でもOKな転職エージェントが知りたい!

 

転職エージェントに登録すると、必ず最初に面談を要求されます。

でも正直面倒くさくないですか?

まず最初に結論からいうと、面談は必ずしも直接会う必要はありません!!

ですが、直接会わない分、当然デメリットも存在します。

なので、元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきた僕が、

転職エージェントの面談は、電話じゃだめなのか問題」について、親切・丁寧に解説します!

この記事を読むことで、以下の内容を知ることができます。

 

この記事を読むメリット
  • 電話面談のメリット・デメリットが分かる
  • メリット・デメリットを知ったうえで、自分にはどっちが合うのか知ることができる
  • 電話面談に対応してくれる転職エージェントを知ることができる

 

転職エージェントを上手く活用できていない方、面談が怖くて転職エージェントに登録できない方にとって、とても参考になる記事になっているので、ぜひ最後まで読んんでください!

 

 

重要なポイントだけ読みたい方は、下のボタンからジャンプしてください!

この記事の重要な
ポイントまでジャンプする!

大前提、転職エージェントとの面談は直接会うことをオススメします!

 

 

転職エージェントに登録すると、まず最初に行うのが面談なんですよね。

面談と言っても、「直接合うタイプ」の面談と「電話で話すのみ」の面談がありますが、個人的な意見としては、「直接合うタイプ」の面談をオススメします!

とは言っても、

直接会うのって抵抗があるし、時間をとるのもめんどうだし、、、。

そんなあなたに、「電話面談のメリット・デメリット」をご紹介します。

 

電話面談のメリット
  • 外出の手間が省ける
  • 隙間時間に面談を行える
  • 担当のキャリアアドバイザーの変更が躊躇なくできる
電話面談のデメリット
  • 信頼関係の構築が難しい
  • 細かいニュアンスが伝わりにくい
  • 電話を忘れられることがある

 

これらを元転職エージェントの視点から、本音で解説していきます!

【人生を変える出会い】良いキャリアアドバイザーの見極め方をご紹介!! 転職は良いキャリアアドバイザーを見つけることが大事って聞くけど、どうやって見極めたらいいんだろう? その判断方法が知り...

 

電話面談なら、外出の手間が省ける!

 

テイクアウト看板のクローズアップ写真

 

まず1つ目は、「電話面談なら、外出の手間が省ける!」ということです。

僕も転職エージェント時代に経験していますが、多くの求職者は直接会って面談することがめんどくさいです。

なので、何かと理由を作って面談から逃れようとしていたのが印象的でした。笑

その問題を解決するのが、電話面談です!

外出しなくてもいいので、以下のメリットを感じることができます。

 

外出不要のメリット
  1. 服を着替えなくて良い!
  2. 寝癖がヤバくても問題なし!
  3. 化粧も必要なし!
寝起きでも面談に対応できるね!!

 

転職エージェントに会うために準備するのは面倒くさいけど、電話ならどんな格好をしてるか分からないので問題ありませんね!笑

直接会う面談よりも情報量が少なくなってしまいますが、面談をしないよりは全然マシなので、電話面談を活用するのはアリです!

 

電話面談なら、隙間時間を使うことができる!

 

白いミニベル目覚まし時計を持っている人

 

2つ目は、「電話面談なら、隙間時間を使うことができる!」ということです。

面談のために外出するということになると、

1日の予定が組みにくいな〜

こんな問題が起きがちです。

ですが、

電話面談にすることで、隙間時間を無駄なく使うことができます!

隙間時間を使うことで、以下のメリットが生まれます。

 

隙間時間を使えるメリット
  • 1日の予定が問題なく組める
  • 暇な時間に面談を入れることができる
  • キャリアアドバイザーと、必要最低限のコミュニケーションがとれる
せっかくの休日が面談で終わることはないね!

 

求職者は休みの日に面談をおこなうことが多いですが、1日のメインが「キャリアアドバイザーとの面談」になるのも、なかなかナンセンスですよねw

ですが、電話面談にすることで、プライベートな時間を確保しながら転職活動を進めることができます!

なので、

せっかくの休みを、転職エージェントのために使いたくないよ!

こんな方は、電話面談をされることをオススメします!

 

電話面談なら、キャリアアドバイザーの変更が躊躇なくできる!

 

電話で叫んでいる白と黒のクルーネックtシャツを着た男

 

3つ目は、「電話面談なら、キャリアアドバイザーの変更が躊躇なくできる!」ということです。

転職エージェントを使ううえで、「キャリアアドバイザーが自分に合う・合わない問題」は必ずと言って良いほど発生します。笑

あのキャリアアドバイザーと何か合わないんだよね〜。

直接会って面談をしたキャリアアドバイザーに対して、変更を申し出るのって、かなり勇気が入りませんか?

 

なぜならば、人間はお世話になった人を裏切れないという真理が働くからです。

 

いくら合わないキャリアアドバイザーとはいえ、あなたに時間を割いてくれたのは事実です。

だから、「担当を変えてください!」なんて言いづらいですよね?

そんな問題も、電話面談なら関係ありません!

その理由は、以下の通りです。

 

キャリアアドバイザーの変更が
言いやすい理由
  • 相手の顔を知らないので、そこまで気を使わなくて良い
  • 電話での対応なので、そこまで恩義を感じにくい
  • キャリアアドバイザーも、電話のみだと求職者の印象が残りにくい
とは言っても、求職者からきつい対応をとられると心が痛いよ、、、。

 

僕も転職エージェント時代に、直接面談を行った求職者から「担当を変えてほしい」と言われたことは、ほぼありません。

なんなら、「担当を変えてほしい」と言われたのは、電話でのコミュニケーションしかしてない求職者でした。

なので、直接会って面談するよりも担当の変更が言いやすいのはメリットです!

 

電話面談のデメリットは確実に存在します

 

 

これまで電話面談のメリットを紹介してきましたが、デメリットも当然存在します。

むしろ、メリットよりもデメリットの方が多いくらいです。

電話面談のデメリットは、以下の通りです。

 

電話面談のデメリット
  • お互いの信頼関係構築に苦労する
  • 細かいニュアンスが、電話だと伝わりにくい
  • 電話を忘れられることがある

 

この3つについて、元転職エージェントの経験から解説していきます。

 

電話面談だと、お互いの信頼関係構築に苦労する

 

椅子に座っている緑のジャケットを着た男

 

まず1つ目は、「電話面談だと、お互いの信頼関係構築に苦労する」ということです。

これは僕の経験でもありますが、実際に会って面談するよりも、電話面談のみの方が関係が薄くなりました。

それはお前のスキルが無いからだろ!

これも事実ですが、理由はそれだけではないです。

信頼関係の構築が難しい理由は、以下の通りです。

 

信頼関係の構築が難しい理由
  • キャリアアドバイザーの顔が見えないので、不安になる
  • お互いどんな表情で話しているのか分からない
  • 結局は電話越しのみの関係なので、関係が薄い
電話のみだと難しいよ、、、

 

確かに、電話のみでも信頼関係の構築は不可能ではないです。

ですが、直接会うことに勝ることはありません。

直接会うことによって、

この人が僕の転職活動をサポートしてくれるんだ!!!

というイメージが持ちやすいですし、転職エージェント側も、

この人の転職活動を頑張ってサポートしよう!

と気合が入る要素にもなります!

電話面談のみの方でも、精一杯サポートしますが、転職エージェントも結局は人間です。

どっちの方が、感情移入しやすいか?」を想像してみると、当然直接会う方が感情移入しやすくないですか?

なので、そういった点も踏まえながら、「どっちが良いのか?」を考えてもらえたらと思います。

 

電話面談だと、細かいニュアンスが伝わりにくい

 

白いテーブルに黒いiphone 5

 

2つ目は、「電話面談だと、細かいニュアンスが伝わりにくい」ということです。

これはプライベートの電話でもあるあるだと思いますが、自分が想像していたのと違った答えが返ってくることって、よくありませんか?

僕も経験がありますが、自分がアドバイスしていた内容とは全く違う内容の応募書類が出来上がってきたことがあります。笑

 

求職者
求職者
応募書類ができたので、確認してもらえますか?
んんん!!?思ってたのと全然違う〜〜〜

 

この問題の原因は、以下の通りです。

 

電話だと伝わりにくい原因
  • お互いの認識が一致しないから
  • キャリアアドバイザーも、逐一確認していないから
  • 求職者の顔が見えないので、声でしか判断できないから

 

全部が全部、直接会って面談する必要はありませんが、「最初のヒアリング」・「応募書類の添削」の時くらいは、電話じゃない方がいいかもしれません。

なので、面倒かもしれませんが、大事なポイントでは直接面談することをオススメします!

 

電話面談だと、キャリアアドバイザーに忘れられることがある

 

本を保持している灰色のベストとピンクのドレスシャツを着ている少年

 

3つ目は、「電話面談だと、キャリアアドバイザーに忘れられることがある」ということです。

これは、キャリアアドバイザーあるあるかなと思います。笑

もちろん電話を忘れることはダメなんですけど、1日に何件も電話をしていると、

やべ〜、あの人に電話掛けるの忘れてた〜、、、

みたいなことが、たまにありました。

電話を忘れてしまう理由は、以下の通りです。

 

キャリアアドバイザーが電話を忘れてしまう理由
  • 電話の予定が多すぎるから
  • 電話予定の時間に、他の仕事が舞い込んで忘れたから
  • 求職者の印象が薄いから

 

ほとんどの理由が、キャリアアドバイザーのタスクが多いからですが、ある一定の割合で「求職者の印象が薄い」というのも、電話を忘れる理由です。

そこに関しては、大変申し訳ないです、、、

ただ、1ヶ月で何十人もの求職者を担当するので、ある程度の優先順位を決めないと、全ての求職者の対応が中途半端になります。

なので、優先度の低い求職者の方ほど、電話を忘れられたりすることが多いかもしれません、、、、

キャリアアドバイザーに忘れられたくない!!

こんな方は直接面談をすることも、忘れられないための一つの方法です!

 

面談は直接会うのがオススメだけど、無理はしなくていいです!!

 

 

元転職エージェントの意見として、基本的に面談は直接会うことをオススメします。

しかし、求職者の中には、

僕は人見知りだし、面談は電話の方が助かるんだよな、、、

このような方もたくさんいます。

そんな方に言いたいことは、

無理してまで直接会わなくていいですよ!」ということです。

その理由は、以下の通りです。

 

電話面談でもOKな理由
  • 努力次第で、電話のみでも良好な関係を築けるから
  • 電話面談のみでも、転職に成功している人はたくさんいるから
  • 直接会うのが嫌で転職エージェントを使わないのは、損でしか無いから
転職活動に有利になるものは、上手に使えばいいんだよ!

 

面談が嫌なだけで、転職エージェントを使わないのはもったいないし、それなら電話面談でも全然OKです!

なので、転職エージェントを上手に使って、転職活動を成功に導いてください!

でも、電話面談でもOKで、良い転職エージェントってどこなんだろう?

こんな方にオススメなのが、dodaリクルートエージェントです!

dodaとリクルートエージェントの詳細は、こちらの記事を参考にしてください!

【元転職エージェントが解説!】dodaの評判を大公開!!

【元転職エージェントが解説!】dodaの評判を大公開!! dodaって有名だけど、評判はどうなんだろう? 良い評判も悪い評判も聞くから、使ったほうがいいのか分からないな〜 ...

 

元転職エージェントが解説!】リクルートエージェントの評判を徹底解剖!!

【元転職エージェントが解説!】リクルートエージェントの評判を徹底解剖!! リクルートエージェントがオススメって聞くけど、何でなんだろう? 良い評判も悪い評判も聞くから、使った方がいいのか分から...

 

この2つの転職エージェントは、直接会う面談はもちろんのこと、「電話・メール」でもやりとりが可能です!

また、大手の転職エージェントになので、

電話での面談って言われても、どうやって接して良いか分からないな〜

みたいなことにはなりません。

なので、あなたのように直接会う面談に抵抗がある方でも安心して使えますよ!

 

10万件以上の求人から厳選してご紹介

dodaの詳細はこちら

※もちろん無料で利用できます

 

転職支援実績NO.1

リクルートエージェントの登録はこちら

※もちろん無料で利用できます

 

まとめ:どんな形であれ、転職エージェントの面談は受けるようにしましょう!

 

今回は、「転職エージェントの面談は、電話じゃダメなのか問題を解説!!」についてお話しました。

今回の内容をもう一度振り返ります!

 

電話面談のメリット
  • 外出の手間が省ける
  • 隙間時間に面談を行える
  • 担当のキャリアアドバイザーの変更が躊躇なくできる
電話面談のデメリット
  • 信頼関係の構築が難しい
  • 細かいニュアンスが伝わりにくい
  • 電話を忘れられることがある

 

加えて、「直接会う面談がどうしても嫌なら、無理しなくていいよ!」というお話でした。

転職活動をするなら、転職エージェントを使わないのはマジでナンセンスです!

なので、積極的に利用して、転職活動を優位に進めるようにしてください。

次回も転職に関する記事を投稿します。

おわり

 

10万件以上の求人から厳選してご紹介

dodaの詳細はこちら

※もちろん無料で利用できます

 

転職支援実績NO.1

リクルートエージェントの登録はこちら

※もちろん無料で利用できます