転職エージェント

【人生を変える出会い】良いキャリアアドバイザーの見極め方をご紹介!!

  • 転職は良いキャリアアドバイザーを見つけることが大事って聞くけど、どうやって見極めたらいいんだろう?
  • その判断方法が知りたいな〜
  • 転職で失敗したくないし

 

転職を考えている方であれば、一度は「良いキャリアアドバイザーを見つけるのが大事!!」って聞いたことがあると思います。

でも、良いキャリアアドバイザーを見極める基準って分からない人が多いですよね?

最初に結論からお話しすると、良いキャリアアドバイザーの見極め方は以下の4つに当てはまるかどうかで判断してください!

 

良いキャリアアドバイザーを見極める基準
自分のテンションに合わせてくれるかどうか?
自分の話に心から共感してくれるかどうか?
良いことも悪いことも本音で話してくれるかどうか?
将来のキャリアプランまで考えて求人を提案してくれるかどうか?

 

僕は元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきました!

そんな僕が、良いキャリアアドバイザーの見極め方を親切・丁寧に解説します!

この記事を読むことで、以下の内容を知ることができます。

 

  • 良いキャリアアドバイザーの見極め方を知ることができる
  • 良いキャリアアドバイザーを見つける手順を知ることができる
  • 転職で失敗する可能性を減らすことができる

 

転職を考えている方・転職活動をしている方に、とても参考になる内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでいってください!

良いキャリアアドバイザーを見つける手順が知りたい方は、下のボタンからジャンプしてください。

 

良いキャリアアドバイザーを見つける手順までジャンプする

 

良いキャリアアドバイザーを見極める4つの基準を解説します!!

 

 

転職活動を成功させるにあたって、良いキャリアアドバイザーに出会うことは絶対に必要です!

なぜならば、個人の知識だけで転職活動を行うには限界があり、転職市場に詳しい人から情報がないと、転職で失敗してしまう可能性もあるからです。

でも、良いキャリアアドバイザーって、どんな基準で判断すればいいんだろう?

という方のために、キャリアアドバイザーと求職者の両方を経験している僕が、「良いキャリアアドバイザーを見つける4つの基準」をご紹介します!

 

キャリアアドバイザーの見極め方
  1. 自分のテンションに合わせて会話をしてくれるかどうか?
  2. 自分の話に心から共感してくれるかどうか?
  3. 良いことも悪いことも本音で話してくれるかどうか?
  4. 将来のキャリアプランまで考えて、求人を提案してくれるかどうか?

 

この4つについて、元転職エージェントの視点から解説します!

 

自分のテンションに合わせて会話をしてくれるかどうか?

 

話している二人の男

 

まず1つ目は、「自分のテンションに合わせて会話をしてくれるかどうか?」ということです。

 

なぜならば、求職者のテンションに合わせられないキャリアアドバイザーは、確実に求職者目線でものごとを考えれないからです。

 

例えば、あなたがもともとテンションが低めの人だった場合、

俺たち陽キャなんだよ!!

こんな感じの人とは、分かり合えないところがあると思うんですw

これは性格的に仕方がないことなのですが、キャリアアドバイザーの場合は、求職者のテンションに合わせて会話ができないと信頼してもらうことができないんですよね。

その理由は、以下の通りになります。

 

  • あまりにもテンションがかけ離れていると、求職者が不快感を覚える
  • 一度不快感を覚えてしまうと、必要な情報をヒアリングすることが難しい
  • その結果、的を得た求人の提案ができない

 

このように、キャリアアドバイザーに不快感を持った求職者は、自分の情報を開示することに不安をおぼえ、必要な情報を話してくれないことが多いんです。

必要な情報を得ることができなければ、当然「この人はなんで転職したいのか?」・「何を叶えれば転職が成功だと言えるのか?」ということを考えれないので、

求人を紹介してくれたのはいいけど、希望条件に全然当てはまっていないんだよね〜。

ということになってしまうわけです。その結果、

転職エージェントなんかクソだ!!!

という悪い評判が広まってしまうわけですが、、、、、。泣

ですが、良いキャリアアドバイザーというのは最初の面談の時点で、

 

  • その人の仕草
  • 表情
  • 声のトーン

 

などを観察したうえで、最初の面談の段階から不快感を与えずに、信頼してもらえるような工夫をしています。

そこまで視野を広くして、求職者のことを理解しようとするからこそ良い提案ができるんです!

なので、「自分のテンションに合わせて会話をしてくれるかどうか?」というのは、良いキャリアアドバイザーを判断する大事な材料になります!

 

自分の話に心から共感してくれるかどうか?

 

スーツのジャケットの女性の横に座っているティールtシャツの女性

 

2つ目は、「自分の話に心から共感してくれるかどうか?」ということです。

 

なぜならば、求職者の話に共感できないキャリアアドバイザーは、確実に仕事の成果がでないし、求職者の気持ちが理解できないからです。

 

キャリアアドバイザーは求職者の悩みを解決するのが仕事です。

なのに、求職者の話に共感できなければ、そもそも問題を解決することすら不可能になってしまいます。

明らかに求職者に問題があることに関しては、無理に共感する必要はないと思いますが、

 

  • 学歴のコンプレックス
  • 今までのキャリアへのコンプレックス
  • 今の職場の問題点
  • 今後のキャリアアップについて

 

などのように、ヒアリングの中で求職者が不満に思っていることで、共感できるポイントってたくさんあるんですよね。

求職者の話に共感することで、

この人は、私のことを分かってくれてるんだ!!

というふうに思ってもらえて、より深い内容をヒアリングできるようになり、キャリアアドバイザーにとっても、求職者にとってもメリットが大きいです。

お互いのメリットについては、以下の図を参照してください。

 

話を共感することのメリット
キャリアアドバイザー 求職者
希望条件について、深く聞くことができる キャリアアドバイザーとの信頼関係が築ける
求職者の人物像を理解しやすくなる 希望条件に沿った求人を紹介してもらえる
企業にも求職者の強みをアピールしやすくなる 困ったときに、他の求職者よりもいち早く助けてもらいやすくなる

 

このようなメリットがあるにも関わらず、求職者の話に全く共感できないキャリアアドバイザーがいるのも事実です。

なんで、共感できないキャリアアドバイザーがいるんだろう?

という疑問の答えは、自分の売り上げがノルマに達しておらず、求職者に対して冷静に対応ができないからです。

求職者に対して微妙な対応のキャリアアドバイザーのほとんどが、ノルマに追われて余裕がないと言っても過言ではないです。

なので、逆を言えば、

この人、すごい私の話を真剣に聞いてくれる!!

というふうに感じた人は、例外なく仕事ができる人だと思ってもらって大丈夫です。

なので、「自分の話に心から共感してくれるかどうか?」ということは、良いキャリアアドバイザーを判断する大事な材料になります!

 

良いことも悪いことも本音で話してくれるかどうか?

 

椅子に座って両方の手のひらを見せている人

 

3つ目は、「良いことも悪いことも本音で話してくれるかどうか?」ということです。

 

なぜならば、転職エージェントによっては求職者に嘘の情報を伝えて、無理やり転職させようとするキャリアアドバイザーもいるからです。

 

転職エージェントは、求職者を企業に紹介することで利益を得ているので、紹介する人数が多くなるほど、会社の売り上げがアップするのは事実です。

なので、中には求職者にとって良い情報しか提供せずに、

この求人、早く応募しないとなくなりますよ?

という感じで転職を勧めて、

良い求人がなくなる前に、早めに転職しないと!

というふうに焦って転職してしまう人も結構います。

その結果、ブラック企業に転職してしまうという最悪なパターンになってしまうわけですが、、、、。

このような事実を知ってしまうと、

転職エージェントなんて、使わない方がいいんじゃないの?

というふうに思うかもしれませんが、転職エージェントを使うことで、充実した転職活動を行えることは事実なんですよ!

そのあたりの詳しい解説に関しては、「なぜ転職エージェントを使うべきなのか?」という記事を参考にしていただけたらと思います。

キャリアアドバイザーが本当に伝えるべきことは、

 

  • その企業の良いところ・悪いところ
  • その企業に入社することで叶えられること・叶えられないこと
  • 現職の待遇とどれくらい差があるのか?
  • その企業がなぜあなたに合うのか?

 

などのように、ポジティブな面もネガティブな面も隠さずに言うことなんですよ!

それなのに、

早く応募しないと求人なくなっちゃいますよ?それでも良いんですか!?

みたいな煽ってくる人もいるので、その時はすぐに担当を変えてもらうようにしてください。

なので、転職活動で大事なことは、

 

良い情報も悪い情報も伝えたうえで、求職者に判断を委ねてくれるキャリアアドバイザーを見つけることです。

 

特にデメリットまでしっかり伝えてくれるキャリアアドバイザーは、本当にあなたのキャリアアップを応援しているので、そういう人に担当してもらうべきです

なので、「良いことも悪いことも本音で話してくれるかどうか?」というのは、良いキャリアアドバイザーを判断する大事な材料になります!

 

将来のキャリアプランまで考えて、求人を提案してくれるかどうか?

 

聞く、非公式な会合、チャット、オフィス、人々

 

4つ目は、「将来のキャリアプランまで考えて、求人を提案してくれるかどうか?」ということです。

 

なぜならば、求職者の将来を「考えているのか・考えていないのか?」で、提案する求人の質が全く変わるからです。

 

良いキャリアアドバイザーであれば、「この会社に入ればどんなスキルを身に付けることができて、どのようなキャリアを歩めるのか?」ということを考えて求人を提案しています。

ですが、求職者の将来を考えていないキャリアアドバイザーだと、「この人なら、このレベルの会社なら入れそうだな」というように、自身の売り上げしか考えていないのがほとんどです。

どちらが本来のあるべき姿かというと、当然前者ですよね?

良いキャリアアドバイザーであれば、

 

  • 受かりそうな会社ではなく、少し手の届かない会社を応募させる
  • なぜその会社が求職者の希望に沿っているのか、根拠を話せる
  • その会社で働くと、どのようなキャリアを歩めるのか明確に語れる

 

このように、求職者に提案する求人に対してきちんと根拠を持って説明することができ、「将来どのようにステップできるか?」まで明確に語ることができます。

ですが、目先の利益しか考えていないキャリアアドバイザーは、

 

  • 確実に受かりそうな会社を紹介する
  • なおかつ紹介料が高い会社を勧めてくる
  • 将来のキャリアプランは一切考えていない

 

このように、求職者のことを「売り上げをあげるための道具」くらいにしか思っていないことが多いです。

本当にそんな人がいるの?

というふうに思うかもしれませんが、以前僕が働いていた会社のキャリアアドバイザーのほとんどが、求職者のことを人ではなく、物として捉えていました。

だから求人を提案した時でも、

あなたの希望にマッチしてるんだから、もちろん受けますよね!?

という感じで、押し付ける人が多かったんですよ。

その結果、求職者の方も転職先が合わずに、早期退職してしまうパターンが多かったです。

 

だからキャリアアドバイザーは、「この会社に入れば、どんな人材に成長できるのか?」を説明しないといけないし、求職者は自分が納得する会社に入らないと確実に転職は失敗します。

 

なので、「将来のキャリアプランまで考えて、求人を提案してくれるかどうか?」というのは、非常に大事な判断材料になります!

 

良いキャリアアドバイザーを見つける3つの手順をご紹介します!!

 

 

ここまで良いキャリアアドバイザーの判断基準についてお話してきましたが、

判断基準は分かったけど、どうやって良いキャリアアドバイザーを見つければ良いの?

という疑問が浮かんでくると思います。

なので、今回は、「良いキャリアアドバイザーを見つける3つの手順」をご紹介します。

 

良いキャリアアドバイザーを見つける手順
  1. 転職エージェントに登録する
  2. 実際に対面や電話で面談を受けてみる
  3. 実際に求人を紹介してもらう

 

この3つについて、元転職エージェントの視点から詳しく解説します!

 

転職エージェントに登録する

 

スマートフォンを使っている人のセレクティブフォーカス撮影

 

まず1つ目の手順は、「転職エージェントに登録する」ということです。

 

なぜならば、まずは転職エージェントに登録しないと、あなたの担当になるキャリアドバイザー には出会えないからです。

 

転職サイトに登録しただけでは、キャリアアドバイザーは担当してくれないの?

という疑問にお答えすると、キャリアアドバイザーは転職エージェントのサービスを利用しないと、担当になってくれません。

転職サイトと転職エージェントの違いは、以下の表を参照してください。

 

転職サイトと転職エージェントの違い
転職サイト 転職エージェント
求人を自分で探さないといけない 求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらえる
応募書類も自分で調べて、1から作らないといけない キャリアアドバイザーと協力して、クオリティの高い応募書類を作れる
面接の日程も自分で調整しなければいけない キャリアアドバイザーが面接の日程を調整してくれる
内定後の手続きを自分で行わないといけない
(年収交渉も含めて)
キャリアアドバイザーに手続きを任せることができる
(年収交渉も含めて)

 

転職サイトは基本的に、転職活動の最初から最後までを全て1人で行う必要があるため、転職エージェントを使っている人よりも転職に失敗しやすいです。

僕は実際に、初めての転職を転職サイト1本で行ってしまっため、転職活動に失敗してしまいました、、、、。

僕が転職で失敗してしまった原因は、以下の通りです。

 

  • まさか転職サイトにブラック企業が潜んでいると疑っていなかった
  • 転職サイトの募集要項の内容に、完全に騙された
  • 求人の良い悪いを1人では判断できなかった
  • その会社で働いている人の声を聞ける機会がなかった

 

このように、何の知識もない人間が1人で転職活動を行った結果、見事に失敗してしまった訳です、、、、泣

この失敗から得た学びとしては、以下の通りです。

 

  • 転職は1人で抱えてやらなくてもいい
  • 周りに転職経験者がいれば、相談しながら転職活動をする
  • 頼れる人がいなければ、素直に転職エージェントを使う
  • 応募先の会社の口コミを少しでも頭に入れておく

 

特に、「頼れる人がいなければ、素直に転職エージェントを使う」・「応募先の会社の口コミを少しでも頭に入れておく」ということは、メチャクチャ大事です。

なぜならば、気になった求人を転職会議のような口コミサイトで調べて、

この会社、条件は良さそうだけど何で評判悪いんですか?
この会社は、条件はいいけど離職率高いし、残業もメチャクチャ多いんですよ、、、。

みたいなやりとりができるので、転職エージェントを使えば、応募前からブラック企業の存在を排除することができるんですよ!

なので、

ブラック企業に入ることなんて嫌だ、、、。

という方は、信頼できるキャリアアドバイザーと転職活動を行うためにも、まずは転職エージェントに登録することから初めて見ましょう!

 

僕が信頼する転職エージェントについては、こちらの記事にまとめています!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。 このような疑問を持たれ...

 

実際に対面や電話で面談を受けてみる

 

テーブルの横に座って話している2人の女性

 

2つ目は、「実際に対面や電話で面談を受けてみる」ということです。

 

なぜならば、実際に対面や電話で面談を行ってみないと、そのキャリアアドバイザーが自分に「合うのか・合わないのか?」の判断ができないからです。

 

転職エージェントの利用を考えている方でありがちなのが、

転職エージェントの人と何を話して良いか分からないから面談は抵抗あるな〜

というふうに、自分が会話をリードしていかないといけないと思っている人が多いです。

ですが、安心してください!!

キャリアアドバイザーは、あなたと同じ心配をしている方を何十人何百人と担当しています。

なので、

えーっと、えーっと。あ〜〜!!

みたいに会話に困ってしまうようなキャリアアドバイザーは、極めて少ないです!

じゃあキャリアアドバイザーは、会話に困らないの?

というふうな疑問にお答えすると、キャリアアドバイザーはある程度、求職者に聞かなければいけない項目が決まっているからです。

キャリアアドバイザーが最低限ヒアリングする項目は以下の通りです。

 

  • 今勤めている会社・過去に勤めた会社の退職理由
  • 希望する業界・職種
  • 年収はどれくらいを希望するのか?
  • 通勤距離
  • 転勤OK・NG

 

もちろんこれだけではないのですが、聞くべき項目を聞けば会話は十分盛り上がります!

また、最低限の項目を聞く中で、

この項目は、もう少し深掘っておこうかな!

というふうに、足りない情報は勝手にキャリアアドバイザーが深掘るので、完全に任せて大丈夫です。

会話に困らないのは分かったけど、なんで面談することが大事なの?

という疑問にお答えすると、実際にキャリアアドバイザーと話してみれば、自分の性格に合いそうかの判断は簡単にできるんですよ!

実際に面談を行った後に、

あのキャリアアドバイザー、頼りになりそうだったな!!

というふうに思れば、引き続き担当してもらえばいいし、

なんかあのキャリアアドバイザー、僕のキャリアを真剣に考えてくれていない気がしたな、、、。

というふうに感じたのであれば、担当を変えてもらうという判断ができます。

多少手間がかかるのは確かですが、良いキャリアアドバイザーを見つけるために面談は必ず行うようにしましょう!

 

実際に求人を紹介してもらう

 

握手しながら笑顔で向かい合う二人の男

 

3つ目は、「実際に求人を紹介してもらう」ということです。

 

なぜならば、実際に求人を紹介してもらうことで、あなたの希望を汲み取ってくれているキャリアアドバイザーなのかを一発で判断することができるからです。

 

個人的には、面談の時点で自分に合わないキャリアアドバイザーだと感じたのならば、そこで担当を変えてもらえばいいと思います。

ですが最終的な答え合わせは、「どんな求人を紹介してくるのか?」ということなんですよね。

たとえ面談の印象が良くなかったとしても、求人を提案されたときに、

この人、私の希望条件をちゃんと汲み取って求人を提案してくれている!!

という内容だったならば、そのキャリアアドバイザーはあなたの希望を正確に汲み取ってくれています!

でも、実際に提案する求人に差が出るものなの?

という疑問にお答えすると、きちんとヒアリングできていないキャリアアドバイザーはビックリするくらい的外れな求人を提案してくるんですよ笑

たとえば、

 

  • 職種は営業職
  • 業界は保険業界
  • 年収は350万円以上
  • 転勤はNG

 

という希望を出していたとしても、

 

  • 職種は経理職
  • 業界は金融業界
  • 年収は300万
  • 転勤あり

 

というように、極端な例えではありますが、

私の話、ちゃんと聞いてましたか!!??

って言いたくなるキャリアアドバイザーは普通にいます。

実際に、僕の同僚はあまりにも的外れな求人を提案してしまうため、求職者にも上司にも積められる日々を送っていました、、、、泣

その原因は、求職者の希望条件を勝手な思い込みで解釈してしまい、そこのズレを直さないまま求人を提案してしまっていたからです。

 

面談の印象もメチャクチャ大事なんですが、それ以上に提案してくる求人の質に全ての答えが現れています。

 

なので、良いキャリアアドバイザーを見つけるためにも実際に求人を提案してもらって、「希望にマッチしているのか・マッチしていないのか?」を、最終的な判断材料にしましょう!

 

提案された求人を魅力的に思わなければ、無理して応募する必要はありませんので、遠慮なく断ってください。

 

まとめ:良いキャリアアドバイザーは、あなたを転職成功に導くパートナーです!!

 

今回は、「【人生を変える出会い】良いキャリアアドバイザーの見極め方をご紹介!!」という内容についてお話していきました。

今日紹介した内容をもう一度振り返ります!

 

良いキャリアアドバイザーを見極める基準
自分のテンションに合わせてくれるかどうか?
自分の話に心から共感してくれるかどうか?
良いことも悪いことも本音で話してくれるかどうか?
将来のキャリアプランまで考えて求人を提案してくれるかどうか?

 

良いキャリアアドバイザーを見つける手順
  1. 転職エージェントに登録する
  2. 実際に対面や電話で面談を受けてみる
  3. 実際に求人を紹介してもらう

 

これらの内容を知っておけば、良いキャリアアドバイザーに出会える確率はグンと上がります!

なので、今回の記事の内容と照らし合わせながら、転職活動の最高のパートナーを見つけてください!

次回も転職関連の記事を投稿していきます。

おわり

 

オススメの転職エージェントは、下の記事を参考にしてください!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。 このような疑問を持たれ...