転職ノウハウ

高卒で働くことは正解なのか?【自分自身で正解にしよう!】

こんにちは!ぽんすけです。

 

今回は、「高卒で働くことは正解なのか?」という内容についてお話していきたいと思います。

 

高卒で就職したけど、大学に行った方がよかったのかな、、、。

 

こんな風に、自分の進路選択に後悔している方がいらっしゃると思います。

 

僕自身も高卒で就職しまして、これまで何度も自分の進路選択に後悔してきたのですが、最近は、高卒も大卒も変わらない気がしてきました。

 

なので、僕の経験をもとに、「自分の選択を正解にしていくための考え方」をお伝えしていきます。

 

この記事を最後まで読んでいただくことで、「進路選択の重要性」を知ることができ、後悔のない決断をするための判断材料になりますよ!

 

それではいきましょう。

 

高卒で働くメリット3選

 

 

結論、高卒で働くことは、進路選択において大正解です。

 

なぜならば、大卒だからといって全員が希望する企業に就職できるわけではないし、大学で本気で勉強している人は、ほとんどいないからです。

 

僕の友人で、大卒から就職しているひとが結構いますが、「高卒でも就職できるレベル」の企業に進んでいる人がほとんどです。

 

なぜそういった企業にしか就職できなかったかというと、シンプルに大学で能力を磨けなかったからです。

 

大学にいったら、自由に遊べる!

 

こんな会話が高校時代に飛び交っていましたが、その学費を払うのはだれなのか?ということが理解できてない人ばかりでした。

 

そういった点に疑問を持ったので、僕は高卒で就職したのですが、その中で「高卒で働いてよかった」と思った経験が3つありますので、それらをご紹介します。

 

高卒で働いてよかった経験3選

・初任給で両親に早くプレゼントがあげられる

・社会経験が大卒よりも早く積める

・段取りを考えるのが早くなる

 

これらを具体的にお話していきます。

 

 

初任給で両親に早くプレゼントがあげられる

 

まず1つ目は、「初任給で両親に早くプレゼントがあげられる」ということです。

 

なぜならば、高卒で就職すれば初任給は19歳でもらうことができ、大卒より早くプレゼントをあげられるからです。

 

初任給で何かプレゼント買った?

 

こんな会話が新卒の社会人の間で飛び交っていると思います。

 

この背景には、「初任給で親にプレゼントをあげる」という文化が日本では知られており、ひとつの親孝行になるからです。

 

40.7%の新社会人が初任給の使い道は「貯金」と回答、次いで両親への贈り物【新社会人白書2017】
※マイナビ 学生の窓口フレッシャーズより引用

 

このグラフにも結果として出ているように、初任給を貯蓄に回す人と、両親への贈り物を買うために使う割合が圧倒的に多いです。

 

僕自身は初任給で父親には財布、母親にはハンドバッグを買いましたが、2人ともすごく喜んでくれていて、いまでも大事に使ってくれています。

 

こういった経験が大卒の人よりも早く体験できるのは、高卒で働き始めたからです。

 

大学に行かなかったということで、学費の負担もいりませんし、自分でお金を稼ぐ」という体験を、大卒の人よりも早くできることは、貴重な経験です。

 

自分にとっても親にとっても、かけがえのない経験となるので、その経験が早い段階で出来るところは、高卒で働くメリットといえます。

 

 

社会経験が大卒よりも早く積める

 

2つ目は、「社会経験が大卒よりも早く積める」ということです。

 

なぜならば、大卒の場合23歳で新社会人になりますが、高卒の場合19歳で新社会人になるため、4年の差は、かなり大きいからです。

 

あ~、来年から社会人か。もっと遊びたいな。

 

こんな大学4年生って、日本中に溢れかえっているわけですよ。笑

 

ですが、高卒で働いてるひとはどうでしょうか?

 

大学生活を謳歌している間に、せっせと4年間社会人としての経験を積んでいるので、行動の面でも、大学生よりも大人なんですよね。

 

この点について僕の実体験をお話すると、中学の同窓会で帰りの手段をどうするのか?ということを、同窓会終了後に話始めた企画者がいて、その人はもちろん大学生です。

 

そのグダグダの場を仕切り直したのが、高卒で就職した僕の友人なんですよね。

 

このことから分かることは、

 

・高卒は日々の仕事のなかで、物事を逆算して考える習慣が身に付いているということです。

 

この能力って、大学に通っているあいだには身に付けれないスキルだと思います。

 

それに加えて、大学生が新社会人になる23歳のタイミングでは、高卒の人は4年間もそのスキルを磨きつづけれるので、高卒で働くメリットだと言えます。

 

 

段取りを考えるのが早くなる

 

3つ目は、「段取りを考えるのが早くなる」ということです。

 

なぜならば、「どうやれば効率的に仕事を進めることができるのか?」を考えながら仕事をしないと、余分な残業をしなければならなくなるからです。

 

あ~、今日も残業か、、、、。

 

こんな感じで、毎日のように残業していませんか?

 

こうなる原因としては、仕事のなかで「やるべきこと・やらなくて良いこと」の取捨選択ができてないことが考えられます。

 

これに関しては、毎日仕事をしていれば自然と考えられるようになるので問題ありませんし、実際考えられるようになると、プライベートにも応用できるようになります。

 

たとえば、

 

旅行を計画するときに、出発から帰宅までの時間を逆算して計画できる

・デートで、一日の流れを計画的に考えられる

 

という感じです。

 

行き当たりばったりで、あたふたする人も結構多い印象ですが、ある程度計画しておけばスマートに実行に移すこととができます!

 

このように考える習慣が10代から身に付くのは、高卒で働いているからこそなので、その点でメリットであると言えます。

 

 

高卒で働いて得た経験

 

 

僕は高校を卒業後に、地元の中小企業に就職しました。

 

当時は進学と就職のどちらにするのか悩みましたが、今は高卒で働いてよかったと思っています。

 

なぜならば、「将来どんな職業に就きたいのか?」が明確に決まったのは、20代中盤になってからだからです。

 

つまり、仮に大学に行ったとしても、将来なりたい職業は在学中には決まっていなかったということになります。

 

何をしたいのか具体的に決まってもないのに、使うか使わないか分からない知識を授業で学ぶくらいなら、さっさと社会に出て働いた方がマシだと本気で思ってます。

 

実際働いてみると、色々なことを早いうちから学ぶことができました。

 

その中でも、印象的だった学びを2つご紹介します。

 

高卒で働いて得た学び

・大人は意外と完璧な人ばかりではない

・人生のプランを立てることの大切さ

 

これらを具体的にお話します。

 

 

大人は意外と完璧な人ばかりではない

 

まず1つ目は、「大人は意外と完璧な人ばかりではない」ということです。

 

なぜならば、年上の人は自分よりも先に生まれただけの同じ人間だからです。

 

僕は今まで、大人は完璧な人間ばかりだと思っていました。

 

ですが、大人でも普通に寝坊はするし、遅刻もする。

 

大人が大人に怒られるということも、実際に働き始めて知りました。

 

このことから大事なことは、

 

・半面教師として、自分はきちんとしようと学ぶ

 

これが大事になります。

 

このことを早い段階から知れたのは、よかったと思っています。

 

 

人生のプランを立てることの大切さ

 

2つ目は、「人生のプランを立てることの大切さ」です。

 

なぜならば、行き当たりばったりで行動してても、のちに苦労するのは自分だかです。

 

例えば、

 

・今の彼女と何歳に結婚するのか?

・指輪は何円の物を買うのか?

・子供が生まれた時に、大きい車をいつ買うのか?

・マイホームは、いくらの物を買うのか?

 

という感じで、例をあげれば切りがないのですが、ある程度は決めておかないと金銭面で苦しい思いをするのは自分だからです。

 

僕が過去に働いた職場の先輩や後輩に多かったのが、「お金をためてない段階で子供を産み、生活がキツキツになる」ことや、「見栄を張って高いマイホームを買い、ローン地獄になる」という事例です。

 

別に子どもを早い段階で生むことや、高いマイホームを買うことは何も悪いことではありませんが、「それは今じゃないといけないのか?」という問いに答えれる人は少ないです。

 

それによって、自分たちの生活を苦しめるくらいなら、今じゃなくてもいい。

 

そういった選択が今できるのも、高卒から働いて、早い段階で周りの大人を観察できたからです。

 

この経験は、僕の人生設計の参考になってます。

 

まとめ

 

今回は、「高卒で働くことは正解なのか?」という内容についてお話しました。

 

僕は高卒で働いて、ホントによかったと思っております。

 

なぜならば、大企業に入ればヌルゲーな時代は終わったからです。

 

たしかに大企業に入るのは学歴が必要なケースが多いですが、大企業に入ってもクビになれば学歴はなんの意味もありません。

 

これらは、そんな認識が世の中に広まっていくと思っているので、高卒で働いたあとも自分を高めることで、年収をを上げる転職や、なりたい職業に転職することは可能だと思ってます。

 

なので、僕と一緒に日々成長していきましょう!

 

次回の転職関連の記事を投稿していきます。

 

おわり

 

doda×moto 転職を武器にする生き方 【最高の学びの時間になった】 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 こんにちは!ぽんすけです。 今回は、「motoさんのトー...