転職エージェント

【元社員が語る!!】転職エージェントを使うデメリット3選

こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。

ネット上で転職エージェントに関するデメリットが掲載されているけど、実際はどうなんだろう?

このような疑問を持たれている方が多いと思います。

そんな方に向けて、ネット上の口コミや実際に転職エージェントとして働いていた時に感じた、「転職エージェントを使うデメリット」を、下の図にまとめてみました。↓

 

転職エージェントを使うデメリット
ハローワークからの応募よりも、企業の目が少し厳しくなる
エージェントとの電話やメールでのやりとりに、手間がかかる
たまに的外れな求人を提案するキャリアアドバイザーがいる

 

口コミは様々ですが、上の3つが特に多かったです。

まず最初に結論から言うと、転職エージェントを使う上で、求職者側に大きなデメリットは存在しません。

なぜならば、求職者はどこまでいっても、無料でサービスを受けれる訳ですから!

じゃあなんで悪い口コミが広がっているの?

という用心深い方のために、「元転職エージェント」として勤務経験のある僕が、

 

転職エージェントを使うデメリットは、なぜ存在するのか?

 

という内容に関して深掘っていきたいと思います。

この記事を最後まで読んでいただくことで、「転職エージェントを使うことのデメリット」について知ることができ、「転職エージェントを使うべきか?」それとも「使わないべきか?」の参考にすることができますよ!

転職エージェントを使った方がいいのか、早く教えてよ!!

という方は、下のボタンからジャンプしてください↓

転職エージェントの解説までジャンプする

 

それではいきましょう。

転職エージェントを使うことのデメリットを詳しく解説します!!

 

僕は転職エージェントを使うことに関してデメリットを感じることはありません。

なぜならば、充実したサービスが最後まで無料で受けれるわけですから!

とは言いつつも、

転職エージェントなんて使ったことないから、不安だな〜。

という方のために、「転職エージェントを使うことのデメリット」を3つご紹介します

 

デメリット3選
  1. 転職エージェントを使うと採用基準が若干高くなる
  2. 転職エージェントを使うと電話でのやりとりに手間がかかる
  3. アドバイザーの質が悪いと的外れの求人を提案される

これらの情報を元転職エージェントの視点から解説します。

 

\僕が最も信頼する転職エージェント/

dodaの詳細はこちら(公式サイト)

 

転職エージェントを使うと採用基準が若干高くなる

 

面接で緊張する人のイラスト

 

まず1つ目のデメリットは、「転職エージェントを使うと採用基準が若干高くなる」ということです。

 

なぜ採用基準が高くなるのかというと、企業はお金を払って求職者を採用するため、採用に失敗しないように、慎重に選考を行うからです。

 

今あなたが頭の中に浮かんでいるのは、

 

じゃあ、実際企業は転職エージェントにいくら支払っているんだろう?

ということだと思うので、年収350万円の方を企業に紹介するという例で説明します。

 

 

紹介料のパーセンテージは、転職エージェントによって様々なのですが、スタンダートなのは年収の30%前後くらいです。
※まれに金額を一律で固定している会社もあります

 

その結果、企業としては転職エージェントから紹介された方を採用した場合、105万円ほどを支払う必要があります。

 

実際僕が担当していた求職者の方も、年収350万円前後の方が多かったので、紹介料として約100万円前後を受け取るような形になっていました。

もしあなたが企業側の立場だったとしたら、「高いお金を払うんだったら、良い人を採用したい!」と思いませんか?

なので、転職エージェントを使えば、採用基準は若干高くなるということです。
※とんでもなく高くなるわけではないので、ご心配なく!

こういった事情を聞くと、

だったら無料のハローワークの方がよくない?

という風に思われるかもしれませんが、「転職エージェント」と「ハローワーク」の決定的な違いは、

 

  • 企業や業界に対する専門的な知識を持っている=転職エージェント
  • 企業や業界に対する専門的な知識を持っていない=「ハローワーク

 

というところなんです。

専門的な知識を持っていないと求職者に対して、的確なアドバイスは行えませんし、そもそも「転職エージェント」と「ハローワーク」では、求職者に対する熱量が全く違います!

 

その熱量を応募先の企業にぶつけることで、「内定が出るか・出ないか」の差が全然変わりますし、お金が掛かっても企業にとって欲しい人材ならば採用されます。

 

そのことを転職エージェントも十分理解しているので、あなたより魅力的に映るように応募書類作成のお手伝いや、面接対策を十分に行うように心掛けています。

もし自分一人でそれらを準備するとなると、自分自身を客観視することが重要になるのですが、自分の魅力」って、自分では気付きにくいですよね?

なので、そこを転職エージェントが全面的にバックアップするのです。

だから、安心して転職エージェントを利用してみてください!

転職エージェントを使うと電話でのやりとりに手間がかかる

 

電話対応のイラスト

 

2つ目のデメリットは、「転職エージェントを使うと電話でのやりとりに手間がかかる」ということです。

 

なぜならば、転職活動が終わるまでは、定期的に転職エージェントとのコミュニケーションをとることが必要になるため、多少手間が掛かるからです。

 

転職エージェントなら、誰もが経験したことあると思いますが、

来週でしたら、何曜日がご都合よろしいでしょうか?

という風に聞いたときでも、

ん〜、来週も忙しいし、再来週も予定があるんですよね〜。

という返答が返ってくる事が結構あるので、コミュニケーションが取れないことが苦労するポイントではあるんです。

これは実際にあった事例なんですが、僕が担当していた20代中盤の男性が、なかなか連絡の取れない方でしたので、結構困っていたんですよね。

 

なぜ連絡が取れなかったかというと、仕事が終わったあとに彼女との電話があるから無理という理由でした、、、、、。笑

 

別の連絡手段を提案しても、「彼女との電話が優先になるので返せるか分からないです!」と言われていたので、こちらはお手上げ状態です、、、、。

結局やりとりが全然できない状況だったので、「面接でズタボロになってしまうだろうな〜」と思って、いざ当日を迎えたわけですが、結果は予想通りズタボロになってしまいました。

やっぱりなー!!!

もちろん彼女との電話も大事ですし、エージェントとのやりとりが面倒臭いのはこちらも重々承知しているんですけど、

 

  • 転職エージェントとコミュニケーションが取れている人
  • 転職エージェントとコミュニケーションが取れていない人

 

この2人には、転職活動の結果に圧倒的な差が生まれるのも事実なんですよね、、、、。

なので、どうしても電話が面倒臭いのであれば、

 

  • メール
  • LINE
  • SMS

 

などのように、もっと手軽な連絡手段でやりとりすることをオススメします!

できれば電話が好ましいですが、僕は一回もお話ししたことない方を、メールのみで転職成功に導いた経験があるので、電話以外でも、全く問題ありません!

もちろんエージェント側も生活に負担がかからないように考慮しながら連絡を取ろうとしているので、そのあたりも心配されずに、利用してもらいたいなと思います!

アドバイザーの質が悪いと的外れの求人を提案される

 

 

3つ目は、「アドバイザーの質が悪いと的外れの求人を提案される」ということです。

 

なぜこのようなことが起こるのかというと、シンプルのアドバイザーの能力不足というだけなので、その会社が悪いというわけではありません

 

これは実際に僕の元同僚が経験した事例なんですが、30代の男性を担当していて、世間話ばかりで、転職に必要なヒアリングが全然できてなかったそうです。

聞かないといけない内容としては、

 

  • 過去の職歴や現在の就業状況
  • 希望の業界・希望の職種
  • 現在の年収・希望の年収
  • 通勤はどれくらいの距離まで可能なのか?

 

これくらいは最低限聞いておきたいところですが、この元同僚は、全く確認せずに求人を提案してしまったわけです。

求職者が受けたい業界や受けたい職種にマッチした求人を、的確にお伝えすることが出来ないので、当然ですが信頼はガタ落ちになってしまって、担当を返られたそうです。

このように自分の希望とは大きくズレた内容の求人を提案されると、求職者としては、

転職エージェントなんて、当てにならないじゃん。

という風に、転職エージェントに対して悪い印象を抱いてしまう原因になりますが、そんな時は担当のアドバイザーを変えてもらえば解決します!

 

エージェント自体は、求職者の望まない求人を紹介しても転職しないことは分かっているので、アドバイザーが合わないって感じたら遠慮なく担当を変えてもらうように頼んでみてください!

 

とは言っても、直接本人に言うのは気が引けるな〜。

という方も多いと思うので、解決策をお伝えすると、

 

  • そのキャリアアドバイザーが在籍している支社に電話して、担当を代えてもらう
  • 転職エージェントのホームページのお問い合わせから、担当の変更を申し込む

 

というのが具体的な解決策になりますが、個人的には気まづいかもしれないけど、本人に直接言ってもらいたいです。

なぜなら、「あなたにとって、何が合わなかったのか?」をフィードバック貰えたら、そのキャリアアドバイザーの今後の改善に役立つからです。

求職者の人生が一番大事なことは転職エージェントも十分理解していますので、担当を代えられたところで、怒ったりしません。

転職活動において、自分に合うキャリアアドバイザーを見つけることは、何よりも重要なので、「自分には合わないな〜」と思ったら、遠慮なく担当を代えてもらってください。

 

デメリットもあるけど、やっぱり転職エージェントは優秀!!

 

 

転職エージェントを使うデメリットを3つご紹介してきましたが、それでも「転職エージェント自体は優秀だ!!」ということを声を大にして言いたいです!

なぜならば、

 

  • 年収交渉は大変だけど、求職者のために身を粉にして頑張っている
  • 求職者に裏切られても、絶対に恨んだりしない
  • 求職者の将来のことも考えて、求人を紹介している

 

というように、求職者の見えないところで魂を燃やしているのが転職エージェントです!

これは僕の経験談になりますが、自分で企業のホームページから応募したけど、書類選考で落ちてしまった方を、僕経由で内定まで導いた経験があります。

具体的にどんなことをして内定まで導いたかというと、

 

  • 応募書類を徹底的に作り込んだ
  • 書類を送ったあとに、企業側に本人に会ってもらうように全力お願いをした
  • 面接対策で、自分の将来のビジョンを明確に語れるレベルまで仕上げた

 

主にこの3つを徹底的に行いました。

その中でも特に大事だったポイントとしては、僕が企業側に本人と会ってもらうように、めちゃくちゃお願いをしたことだったと思います。

自分のこと棚に上げるのやめてもらえます?

決して自分のことを棚に上げているわけではないのですが、企業に応募書類を送って、通るか通らないか微妙なラインでも、そこで粘れるのが転職エージェントを使うメリットです。

自分で応募した場合、企業に対して、

お願いです!会わせてください!!

みたいなことは不可能ですが、転職エージェントでは、そこを粘ってお願いすることが可能なのです!

なので、ネット上には様々な口コミが広がっていますが、

 

  • 転職で有益な情報を集めたい!
  • 応募したい企業に受かる自信がないけど何とかしたい!
  • 年収を上げて転職したい!

 

という方は、是非とも転職エージェントを使われることをオススメします!

 

\僕が最も信頼する転職エージェント/

dodaの詳細はこちら(公式サイト)

 

自分に合う転職エージェントを比較したい方は、こちらの記事を参考にしてください!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。 このような疑問を持たれ...

 

まとめ:転職活動を効率的に進めるために転職エージェントを活用しよう!

 

今回は、「【元キャリアアドバイザーが語る!!】転職エージェントを使うデメリットを3つご紹介」という内容についてお話していきました。

世の中の情報としては、「良い情報よりも悪い情報」の方が目立ってしまいますが、転職エージェントがどんなことを頑張っているのかについて、あまり知られていないと思います。

なので、今回の内容を参考にしていただいて、「エージェントを使うべきか・それとも使わないべきなのか?」を判断して頂けたらと思います。

次回も転職関連の記事を投稿していきます。

おわり

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。 このような疑問を持たれ...