転職エージェント

【丁寧に解説!!】転職エージェントは1社しか登録しない方がいいの?

こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。

転職エージェントって、1社しか登録しないほうがいいのかな?

このような疑問を持たれている方が多いのではないでしょうか?

僕は、転職エージェントとしての勤務経験と、現在求職者としての両方の目線からお話することができます。

まず最初に結論から言うと、初めのうちは複数の転職エージェントを利用して、自分に合うキャリアアドバイザーを見つけることに集中した方がいいです!

でも、転職エージェントなんてどこも同じでしょ?

という風に思われている方が多いですけど、本当にどこも同じならば、今頃転職エージェントはリクルートしか存在していません。

それぞれの転職エージェントに違った良さがあるから、dodaマイナビエージェントも存在するわけです。

では、

 

転職エージェントを1社登録するだけでは、ダメな理由は何なのか?

 

という内容に関して深掘っていきたいと思います。

この記事を最後まで読んでいただくことで、「転職エージェントを複数登録すべき理」について知ることができ、「自分に合う転職エージェントを見つけることの重要性」を知ることができますよ!

いいから、早く大事なことを教えて!!

という方は、下のボタンから、この記事の一番大事なポイントにジャンプしてください↓

エージェントに見極め方の所にジャンプする

 

それではいきましょう。

【転職エージェントは1社しか登録しない方がいいの?】その疑問にお答えします!!

 

 

元転職エージェントとしての目線や、求職者としての目線を考えた時に、僕が言えることは「転職エージェントは、最初は複数登録した方がいい」ということです。

なぜならば、エージェントごとの特徴は全く違いますし、その1社だけで自分に合うキャリアアドバイザーに出会える可能性は低いからです。

でも、いまいちピンと来ないな〜。

という方のために、「転職エージェントを1社しか登録しないデメリット」を3つご紹介します

 

1社しか登録しないデメリット3選
  1. 1社しか登録しなければ、自分の行きたい業界にいけない可能性がある
  2. 応募書類や面接対策を丁寧にサポートしてくれないエージェントの可能性がある
  3. 年収に満足いかない時に、全く交渉してくれないエージェントの可能性がある

これらの情報を元転職エージェントの視点から解説します。

 

1社しか登録しなければ、自分の行きたい業界にいけない可能性がある

 

「不合格」の書類のイラスト

 

まず1つ目のデメリットは、「1社しか登録しなければ、自分の行きたい業界にいけない可能性がある」ということです。

 

なぜならば、登録した転職エージェントが自分の行きたい業界を苦手としていると、そもそも転職できない可能性があるからです。

 

転職エージェントのサービス内容には違いはなくても、得意な業界は確実に違うものです。

例えば、

 

  • IT業界やWEB業界にはめっぽう強い
  • でも不動産業界の求人は全くない

 

というように、得意な業界と不得意な業界がそれぞれの転職エージェントにはあるので、自分の行きたい業界を得意とするエージェントに登録することがベストです。

そうすることで、自分一人の転職活動では得ることのできなかった業界の情報なども聞くことができ、

 

そもそも、希望している業界と自分がマッチしているのか?

 

というような、根本的な疑問を解消するのが可能になります。

また。キャリアアドバイザーごとにも、得意な業界・不得意な業界があるので、1社しか登録していないと、なかなか自分に合うエージェントを見つけることが難しいのも事実です。

なので、1社に絞るのは、実際に面談や電話をしてみて判断するのが確実です。

 

応募書類や面接対策を丁寧にサポートしてくれないエージェントの可能性がある

 

圧迫面接のイラスト(就職活動)

 

2つ目のデメリットは、「応募書類や面接対策を丁寧にサポートしてくれないエージェントの可能性がある」ということです。

 

なぜならば、利益を最優先している会社は、求職者ひとりひとりに時間をかけることはしないので、結果的に内定を取れる確率が下がってしまうからです。

 

僕が以前勤めていた会社がそうだったのですが、自分たちの利益が最優先になってなっている会社だと、「求職者を一番に考えること」を忘れてしまっています。

その結果、

他のエージェントは丁寧に対応してくれたのに、ここは本当に雑よね。

というクレームは、日常茶飯事でした。

特に応募書類や面接対策などは、

 

  • 自分が採用されるのか?
  • それとも採用されないのか?

 

ということに直結しますし、ここの対応が疎かなのは、ある意味死活問題です、、、。

ただ、「このエージェントは丁寧な対応をしてくれるのか?」ということの判断は、自分で実際に使ってみないと分からないことが多いです。

なので、自分に合うエージェントが見つかる前の段階から、

私は、このエージェントしか使わない!

って決めてしまうと、あとで大惨事になりかねません。

そういった自体にならないためにも、まずは複数のエージェントに登録してみて、見極める所から初めてください!

 

年収交渉を全くしてくれないエージェントの可能性がある

 

賃金格差のイラスト

 

3つ目のデメリットは、「年収交渉を全くしてくれないエージェントの可能性がある」ということです。

 

なぜならば、年収交渉は転職エージェントの腕の見せ所で、苦手なエージェントや企業の顔色ばかり気にしてるエージェントは、交渉してくれないからです。

 

転職の時にありがちなのは、

最初は年収が下がるけど、我慢するしか無いか、、、。

ということなんですが、一方で転職した時から年収を上げている人もいるんですよ!

もちろん、その人のスキルありきではあるんですが、一番大きな要素は「そもそも転職エージェントが年収交渉をしている」という事実です。

残念ながら、企業から「年収もっと払いますよ!」って言われることはほとんど無いので、転職エージェントが交渉することになるのですが、

 

  • そもそも年収交渉を成功させた実績のない転職エージェント
  • 企業の顔色ばかり伺っている転職エージェント

 

これらに登録している時点で、エージェントの力で年収をあげる事は不可能です。

かと言って、自分で交渉する勇気もなかなか持てませんから、

万事急すだ、、、、。

ということで終わってしまいます。

そうならないためにも、複数のエージェントと面談して、「そもそも年収交渉をしてくれるのか?」を確かめてから、1社に絞るのが賢いです!

 

複数エージェントに登録して、面談の中で使うべきエージェントを見極めよう!

 

ハローワークのイラスト「係員と面談」

 

転職エージェントは、最終的には1社に絞らないといけないのですが、

どのタイミングで1社に絞ったらいいんだろう?

という疑問がありませんか?

結論からいうと、面談をしてもらった後に、一番フィーリングが合う転職エージェントを選びましょう!

フィーリングって、抽象的すぎ!!!

という風に思うはずなので、ポイントをお伝えすると、

 

  • 転職理由を時間をかけて深掘ってくれるか?
  • 自分が行きたい業界の知識が詳しいか?
  • 定期的に連絡を取ってくれるのか?
  • 年収交渉は行ってくれるのか?

 

これらを、「時間をかけて聞いてくれるのか?」が、転職エージェントを選ぶ上で大事なポイントになります。

時間をかけて聞いてくれるということは、求職者の要望を叶えるための要素を見つけ出そうとしている証拠なので、とても大事なポイントになります。

転職エージェントであろうと、結局は人対人なので、面談で感じた違和感はずっと消えることはありませんし、逆に好印象を持てたのなら、信頼して大丈夫です。

面談は手間が掛かるので、面倒に思うのは分かりますが、エージェント選びの貴重な機会なので、複数のエージェントと積極的に合うようににしてください!

 

ちなみに僕が実際に面談して、信頼できると思った転職エージェントを、こちらの記事でご紹介しています!

【オススメ!!】絶対に登録すべき転職エージェントを2つご紹介!!こんにちは!元転職エージェントとして、年間50人以上の悩める求職者をサポートしてきたぽんすけです。 このような疑問を持たれ...

 

まとめ:良い転職は、良いキャリアアドバイザーを見つけるところから!

 

今回は、「【丁寧に解説!!】転職エージェントは1社しか登録しない方がいいの?」という内容についてお話していきました。

 

良い転職をするには、良いキャリアアドバイザーを見つけることから

 

これを頭の片隅に置いて、転職活動を行って頂きたいと思います。

転職エージェントは、あなたの強力な味方になってくれるので、キャリアアドバイザー選びは入念に行いましょう!

次回も転職関連の記事を投稿していきます。

おわり

doda×moto 転職を武器にする生き方 【最高の学びの時間になった】 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 こんにちは!ぽんすけです。 今回は、「motoさんのトー...