転職サイト

dodaの評判って実際どうなの?【口コミをもとに徹底分析】

こんにちは!ぽんすけです。

 

今回は、「dodaの評判って実際どうなの?【口コミをもとに徹底分析】」という内容についてお話していきたいと思います。

 

dodaって有名だけど、実際の評判ってどうなんだろう?

 

このような疑問を持たれている方が多いと思います。

 

結論から言うと、良い評判も悪い評判もどちらも存在すると言うことです。

 

世の中の全てのサービスに共通しますが、良い評判と悪い評判の両方を併せ持つのが普通です。

 

それはdodaにも共通することで、「良い会社だ!」と言う人もいれば、「なんか微妙な会社だった」と言う人の両方がいます。

 

では、実際の評判はどんな内容なのか?

 

今回は、こちらの内容に関して深掘っていきたいと思います。

 

この記事を最後まで読んでいただくことで、「dodaを使った人の実際の評判」について知ることができ、転職サイト及び転職エージェント選びの参考にすることができますよ!

早く使った感想を教えて!!

という方は、下のボタンから「実際に使ってみた感想」へジャンプしてください↓

実際につかった感想までジャンプする

それではいきましょう。

 

転職エージェントdodaの評判を徹底解剖します!

 

 

僕自身、求職者としての立場からdodaを利用させて頂いていますが、dodaは非常にバランスが良い転職エージェントだと思っています。

 

その理由としては、

 

扱っている求人の質と、キャリアアドバイザーの質が良いから

 

ということが、僕がdodaを良いなと思っている理由です。

 

ただ、ネット上には「良い評判」と「悪い評判」の両方が混在している状態です

 

それが原因で転職に不利になってしまうと、元も子もないので、今回は「良い評判・悪い評判」の両方をご紹介し、実際に利用した僕の意見もお伝えしていきたいと思います!

 

\元転職エージェントが最もオススメ

dodaの詳細はこちら(公式サイト)

 

dodaの良い評判を4つご紹介します!

 

 

僕は転職エージェントとして働いていた際に、担当の求職者の方から競合他社の情報を多く仕入れていました。

 

その評判の中にdodaも存在していて、求職者から仕入れていたdodaの良いところを今回ご紹介します。

 

dodaに関する良い評判4選

・大手企業から中小企業まで幅広い求人を扱っている

・キャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれる

・履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれる

・給料交渉をしっかり行ってくれる

 

これらの情報を元転職エージェントの視点から解説します。

 

大手企業から中小企業まで幅広い求人を扱っている

 

 

まず1つ目は、「大手企業から中小企業まで幅広い求人を扱っている」ということです。

 

なぜこれが良いことなのかというと、幅広い求人を扱っていた方が、「その人にあった求人」を紹介しやすくなるし、紹介される側の選択肢も広がるからです。

 

例えば、大手企業の求人しか取り扱ってないと、

 

僕は中小企業の求人を紹介して欲しかったのに、、、。

 

ということになり兼ねませんが、幅広く求人を扱っていれば、そんな心配は無用です。

 

それに加えて、幅広い求人を取り扱っていると、

 

・自分に合う求人が見つかる可能性が高い

・自分が全く知らなかった企業に巡り合えるかもしれない

 

というメリットがあるので、求人数が少ない会社よりも、多い会社を利用した方が良いということです。

 

キャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれる

 

 

2つ目は、「キャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれる」ということです。

 

なぜこれが大事なことかというと、求職者に対して丁寧に対応してくれるキャリアアドバイザーは、求職者の人生に寄り添う気持ちがあるアドバイザーだからです。

 

キャリアアドバイザーが丁寧に対応することは普通だと思う方も多いと思うのですが、正直な話「会社の風潮」によって、かなり変わってきます。

 

例えば、求職者に寄り添うことが大事だと考えている会社だったら、

 

・ファーストヒアリングを丁寧に行って、求職者との関係構築に時間を使う

・履歴書や職務経歴書を丁寧に添削し、内定率を上げるサポートをしっかり行う

・面接対策はもちろんの事、企業に対して求職者のしっかりアピールしておく

・年収面で望まない金額を言い渡されても、しっかり交渉してくれる

・無理やり内定承諾させない

 

というように、求職者が満足いく転職をサポートしようという姿勢が見受けられます。

 

ですが、自社の売り上げのことしか考えていない会社だと、

 

・「これはあなたにしか紹介していない求人」だと嘘をつく

・転職しなさそうな人には、対応が雑

・内定した企業に押し込むような対応をする

 

というように、全く正反対の対応になるんです。

 

なので、丁寧に対応してくれるキャリアアドバイザーが多い会社というのは、転職の際に利用すべきだと言えます。

 

履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれる

 

 

3つ目は、「履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれる」ということです。

 

なぜこれが大事なことなのかというと、履歴書や職務経歴書の添削は、かなり労力が必要になるので、それを本気で行ってくれる会社は多くないからです。

 

これも会社の風潮によって左右されるポイントなのですが、

 

求職者の将来を真剣に考えている会社は、

 

・その企業に内定をもらうために、必要なことを教えてくれる

・履歴書や職務経歴書を丁寧に読んで、誤字脱字まで教えてくれる

・面接に関しても過去に質問された内容などを教えてくれて、対策まで考えてくれる

 

というように、求職者ファーストな行動が見られます。

 

ですが、求職者の将来を全く考えていない会社は、「すぐに転職しそうな人」にしか丁寧に対応しないという傾向があるので、そこで「良い会社」なのか「悪い会社」なのかが明確になります。

 

なので、応募書類まで丁寧に対応してくれる会社は信頼できるということです。

 

給料交渉をしっかり行ってくれる

 

 

4つ目は、「給料交渉をしっかり行ってくれる」ということです。

 

なぜこれが大事なことなのかというと、給料交渉は非常に神経を使うし、求職者のことを本気で考えてくれる会社だから、対応してくれることだからです。

 

僕も以前キャリアドバイザーとしての勤務経験がありますが、給料交渉はあんまりしたくなかったというのが本音です、、、、。笑

 

なぜならば、

 

・エージェント側が企業との関係構築ができていないと、良いイメージを持たれない

・次に求職者を紹介するときに、断られる原因になりえる

・シンプルに怒られたりするw

 

という理由があります。

 

なので、自社の売り上げのことしか考えていない会社だと、給料交渉には応じてくれないですし、「昇給して、満足いく年収をもらえるようになりましょう!」なんて言ったりします。

 

そう言った点を踏まえると、積極的に給料交渉をしてくれる会社というのは、転職の際に必ず力になってくれるので、信頼できる会社だと言えます。

 

 

dodaの悪い評判を3つご紹介します

 

 

dodaという会社は、僕はクオリティの高いサービスを提供している会社だと思っていますが、ネット上には悪い評判も広がっています。

 

その中で代表的なdodaの悪い評判を3つご紹介し、「なぜそのようなことが起こるのか?」ということについてお話していきます。

 

dodaに関する悪い評判4選

・電話やメールが多すぎる

・キャリアアドバイザーの質がバラバラ

・求人の質が良くない

 

それぞれを具体的に解説していきます。

 

電話やメールが多すぎる

 

 

まず1つ目は、「電話やメールが多すぎる」ということです。

 

なぜ電話やメールが多いのかというと、それがキャリアアドバイザーの仕事だかです。

 

これに関しては、僕も以前働いていた人材会社で言われることが多かったのですが、エージェント側としても、仕事として行っているので、別にイタズラとかではありません。笑

 

もう電話してこないで!って前も言いましたよね?

 

みたいな半ギレ状態で言われたことが何度もありますが、

 

だったら着信拒否してくれよ、、、、。泣

 

という風に毎回思ってました。

 

僕は今もdodaに登録していますが、

 

・電話も迷惑と感じるほど掛かってきたことはない

・メールも良い求人があれば見るし、無ければ見ない

 

という感じなので、特に迷惑してません。

 

何なら、電話が掛かってきた方が逆に親切だと思っているくらいです。

 

なぜなら、

 

・こちらからやりとりを始めなくてもいい

・電話の後の留守電でdodaから掛かってきてると分かるので、興味無ければ無視で良い

 

という風に感じているからです。

 

電話もメールもそうですが、嫌なら拒否設定すれば良いだけの話なので、そこまで迷惑がる必要はないと思います。

 

キャリアアドバイザーの質がバラバラ

 

 

2つ目は、「キャリアアドバイザーの質がバラバラ」ということです。

 

なぜそのような状態になっているのかというと、dodaも一般的な会社なので、全員が優秀な社員な訳がないからです。

 

ただ一つ勘違いして欲しくないのは、少なくとも僕らよりは学力面も高いし、能力の優れた方たちが働いていらっしゃるということです。

 

ですが、そんなdodaでも成果を出せずに悩んでいる社員の方は必ず存在します。

 

そういった人は、

 

・キャリアアドバイザーとしての経験が浅い人

・自分に自信がなく、上手く求人提案ができない人

・そもそも求職者の悩みを見つけれていない人

 

という方達だと思います。

 

もし、そういった人に当たってしまって嫌なのならば、担当を変えてもらうように頼めば良いのです。

 

キャリアアドバイザーの方も、求職者の方のために一生懸命頑張っていますが、人間なので合う合わないはあると思います。

 

なので、

 

・担当のキャリアアドバイザーが嫌なら、他の人に変えてもらう

・その人の一生懸命さが伝わるのであれば、足りないところを指摘してあげる

 

という風に、求職者にしかできないことをしてあげることも必要だと思います。

 

もしかしたら、その人に担当してもらったことによって、自分の実力では不可能だった企業に内定をもらえるかもしれなので、横柄な態度はとるべきではないです。

 

求人の質が良くない

 

 

3つ目は、「求人の質が良くない」ということです。

 

これに関しては、dodaの扱っている求人が悪いわけではなく、「その程度の求人しか紹介できないような人材だった」という確率が高いと思います。

 

求職者自身が、有名な大企業を受けたいと思っていても、キャリアアドバイザーからすれば受かる見込みのない求人なんて紹介しないわけです。

 

なので、良い求人を紹介してくれなかったと思っている方は、

 

・良い企業を受けれるほどの市場価値が無かった

・職歴に問題があって、受けれるレベルでは無かった

・学歴が足りなかった

 

というように、自分に原因があることが多いです。

 

それに加えて、dodaは日本トップクラスの人材会社なわけですから、

 

dodaの求人の質が悪ければ、他の人材会社の求人の質も悪い

 

ということになるので、そんなことはある訳がありません。

 

他のエージェントの方が求人の質が良い

 

なんてことは、あり得ないんですよね。

 

もし、dodaが自分に良い求人を紹介してくれないのであれば、「自分のはその程度の求人しか紹介されない市場価値なんだ」と現実を受け止めることが大事です。

 

そうでないと、自分が入りたい企業には一生入れないし、自分自身の成長も止まってしまうので。

 

実際にdodaを使ってみての感想をお話します!

 

 

僕は、今もdodaを使っていますし、実際にdodaが主宰するイベントにも参加したことがあります。

 

その感想としては、

 

・キャリア面の相談にも乗っていただき、非常に勉強になった

・情報収集の手段としても十分使える

・イベントでは、今後のキャリアに役立つ内容を聞けた

 

というように、内容的に満足しています。

 

イベントのリアルな感想を知りたい方は、「doda×moto 転職を武器にする生き方」という記事を参考にしてもらえたらと思います。

 

dodaでよく言われている、「メールが多い」とかの口コミに関しては、

 

転職エージェントって、そんなものだよ!

 

というのが、僕の感想です。

 

口コミというのは、良い口コミよりも悪い口コミの方が必ず目立ってしまいます。

 

自分に合うのか合わないのかを使う前から悩んでしまうのは勿体ないし、あなたが悩んでいる間に行動力のある人は、エージェントに登録して転職活動をしています。

 

エージェントの利用も無料ですし、実際何か失いわけでもないので、迷う前に自分で使ってみて、良い悪いを判断するようにしましょう!

 

  \3分で登録完了/

無料会員登録はこちら(公式サイト)

まとめ

 

今回は、「dodaの評判って実際どうなの?【口コミをもとに徹底分析】」という内容についてお話していきました。

 

人間失敗を嫌う生き物なので、悪い情報に敏感になってしまうところがあります。

 

ですが、情報に振り回されて動けないくなると勿体ないので、まずは自分で確かめて見ることが大事です。

 

なので、複数のエージェトを利用しながら、自分に合うエージェントを探していきましょう!

 

次回も転職関連の記事を投稿していきます。

 

おわり

  \3分で登録完了/

dodaの無料会員登録はこちら(公式サイト)