転職ノウハウ

終身雇用制度は終わった【大企業は安泰の時代は終了】

こんにちは!ぽんすけです。

 

今回は、「終身雇用制度は崩壊した」という内容についてお話したいと思います。

 

大企業に入れば将来安泰だ!

 

そんな考えを持っている方は、非常にマズいですよ。

 

終身雇用は終わりを迎えた」訳なのですから。

 

まだその事実を知らない方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

それではいきましょう。

 

終身雇用は崩壊しました

急に倒産した会社の社員のイラスト

 

現在の日本は、残念ながら終身雇用は崩壊してしまいました。

 

この話題がとりだたされたのは、2019年の5月に「トヨタ自動車の豊田社長」から、

 

豊田社長
豊田社長
雇用を続ける企業にインセンティブが無いと、終身雇用は難しい

 

という内容の発言が、記者会見で放たれたからです。

 

また経団連の中西会長も同様に、「終身雇用は難しい」という趣旨の発言をしています。

 

この2人の発言はオブラートに包まれているので、僕がストレートに説明すると、

 

使えない人を雇い続けても、企業にメリットなくない?

 

という内容の発言になります。

 

この2人は世間体もあるでしょうから、ストレートなことは言えませんが、豊田社長の「企業にとってのインセンティブ」という発言からも、この趣旨が汲み取れます。

 

なぜこのような発言が出たかというと、「ITで便利になっていく時代に、向上心のない働かないおじさんは必要なくなるから」です。

 

日本の会社員は、簡単に解雇されなかったり、毎月給料をもらえるなどの事が法律で守られています。

 

この仕組みって、世界的にみてもかなり珍しいです。

 

でもその仕組みは、「テクノロジーの発展と共に、終わりを迎えた」ということが事実です。

 

なので、「仕事に対しての向上心が全くなく、定年まで時間が過ぎるのを待つ」という思考で、毎日を過ごしている人は、あっさりと解雇されてしまう時代になってしまいました。

 

 

終身雇用はいつから始まったのか?

 

そもそも、「終身雇用はいつから始まったのか?」という疑問が僕自身にも湧いてきたので、調べてみました。

 

Wikipediaによると、「終身雇用がスタートしたのは、大正時代~昭和時代にかけ」労働者の定着率を上げることを目的に、スタートしたそうです。

 

当時は戦後から高度経済成長期にかけて、日本経済が伸びていった時期でもあり、「今より良い条件」を求めて、職を転々とする人が多かった為、社員の定着率が悪かったそうです。

 

それを阻止するべく、大企業などが「昇給制度」や「退職金制度」・「年功序列制度」を備えて、対策していたんです。

 

なので「終身雇用制度」は、あくまで昔の雇用の仕組みであって、特に経済が伸び続けていない現代社会には全く適していないことが分かります。

 

なので、時代の背景と共に、「雇用のあり方」も変わっていくのは当然なのです。

 

でも、僕たちの親世代は「1つの会社に勤めあげることを美徳」とし、「転職する人なんか、どうせまた仕事辞める」などといった、謎の固定概念をいまだに持ち続けています。

 

その考え方に染まってしまっては、「働く世代」である僕たちは、生きていくことにとても苦労するようになります。

 

なので、今からでもその考えを捨てて、未来を豊かに生きるための対策を練ることで自分自身を守ることが出来ます。

 

 

2019年は「黒字リストラ」の年

会社のキャラクター(死にそう)

 

2019年は、あなたにとってどんな年でしたか?

 

今年は最高の一年だった!

 

という人もいれば、

 

今年は最悪の一年だった、、、、。

 

という人もいるはずです。

 

僕は、どちらかというと後者の方でした。

 

なぜなら転職に失敗したからです、、、、、。泣

 

僕が転職に失敗した当時を振り返った内容は、こちらの記事で紹介しています!

 

失敗しても大丈夫!【その経験を活かせば財産になる】失敗は成功の糧になる こんにちは!ぽんすけです。 今回は、「人生において失敗は成功の糧になる」ということについてお話して...

 

そんな僕よりも人生最悪の1年だったであろう人たちは、どんな人たちかというと、

 

黒字リストラの被害を受けた当事者の方々です。

 

ある日突然、「早期退職者募る。」みたいな御達しが来るわけですが、その対象者となったのが、45歳以上の方々です。

 

この年代の方々は、家庭も持たれていると思いますし、マイホームだって買っていることでしょう。

 

いい会社に入れたから、もう将来安心ね。

 

そんな希望を持っていた矢先にリストラなんて、最悪以外に表しようがないです。

 

ではなぜ、「黒字リストラに企業が踏み切るのか?」について解説します。

 

 

なぜ黒字でもリストラをするのか

 

そもそも、「なぜ経営が黒字なのにリストラをするのか?」についての答えは、

 

シンプルに無駄な人件費の削減に過ぎないということです。

 

非常に残酷ですが、これが現実です、、、、。

 

世間一般的には、「会社の経営が厳しくなって、リストラする」というのがイメージだと思いますが、現代では「黒字でも積極的にリストラをする文化」が広まりました。

 

これだけを見ると、

 

就活氷河期に入るのかな?

 

と心配になりますが、そういうわけではありません。

 

若くて、優秀な人材に高給を支払う

 

という新しい時代の流れが出来始めているのです。

 

想像してみると分かると思うのですが、「中年のおじさん」より「若くてエネルギッシュな若者」の方が、今後さらに発達していくテクノロジーの変化に対応できますよね。

 

だから、今後に流れに対応できないであろう「中年社員」をリストラし、浮いた人件費を「若い人材」に投資するという仕組みになっています。

 

メチャクチャ残酷だけど、企業からしてみれば非常に合理的です。

 

なので、今後はこのような「黒字リストラ」の文化が定着することは間違いないでしょう。

 

 

僕たちがしなければならないこと

指差し確認のイラスト(男性会社員)

 

僕たちが「これからの未来のためにしなければならないこと」についてお話します。

 

それは、所属会社以外からも必要とされる存在になることです。

 

なぜならば、そのような人材にならなければ「リストラされてしまうから」です。

 

これからの日本は、今以上にリストラの文化がより定着していくでしょう。

 

そうしたら、どうなるかというと「使えないと思ったらスパッと首を切ってしまう」ことを悪だとは捉えない思考へと変化していくと思います。

 

もしも自分がその被害者になってしまった時に、「所属会社以外から必要とされるスキル」を持っていなければ、再度就職することも難しくなります。

 

なので、その時に困らないために「社会に必要とされるスキル」を身に付けることが大事なのです!

 

 

 

どんなスキルを身に付ければいいのか?

 

では、具体的にどんなスキルを身に付ければいいのかというと、「今の市場で不足している能力」ということです。

 

例を挙げれば、エンジニアなどのITのスキルが該当すると思います。

 

IT業界は慢性的な人手不足に悩まされ、2030年には「約79万人の人材が不足する」と言われています。

 

なので、プログラミングであったりWebデザインなどのスキルを身に付けることで、市場から求められる人材になることができます。

 

現に僕は、プログラミングの勉強を始めており、エンジニアとして市場から求められる人材になれるように日々学んでおります。

 

とはいえ、

 

俺は別にパソコンとかイジりたくないし、他になんか無いの?

 

という方も多くいるので、そんな方にはリクルートdodaのような転職エージェントに相談してみるのも、一つの方法です。

 

なぜならば、自分ひとりで考えても時間がロスするだけですし、転職に関しては「転職のプ」に相談するのが、一番の成功の近道だからです。

 

一人で迷っても、答えが見つからないことは多々あります。
なので、「転職のプロ」と一緒に考えることで、市場から評価される人材になるためには「何を身に付ければいいのか?」の答えを導き出してください!

 

 

まとめ

 

今回は、「終身雇用制度は終わった」という内容についてお話していきました。

 

今までの様に、「ただ真面目に働く」だけでは働き続けることが難しくなっています。

 

ですが、僕たちはそんな世の中に対応していかなければ、給料はもらえません。

 

だから今のうちから「転職活動」を初めてみたり、「副業」で成果を出すことによって、市場から必要とされる人間になれるように日々努力しましょう!

 

もちろん僕も努力します。

 

「自分の将来を守れるのは、自分自身だけだから」

 

次回も転職系の記事を投稿したいと思います。

 

おわり