自己紹介

ぽんすけの2019年を振り返る

こんにちは!ぽんすけです。

 

今回は、「ぽんすけの2019年を振り返る」についてお話します。

 

いや~、もうすぐ2019年も終わってしまいますな~。

 

今年はホントにいろいろありました。
そんな1年を振り返ることで、来年にすべきことが定まると思ってます!

 

✅本記事の内容はこちら

・2019年はいい年とは言えませんでした

・来年は飛躍の年にします

 

それではいきましょう!

 

 

2019年はいい年とは言えませんでした

 

2019年はホントにいろいろあった年でした。

 

そんな1年を一言で表すならば、「人生最悪の1年」としか言い表せないでしょう。

 

そんな1年を印象的な3つの出来事で振り返ります。

 

・新卒で入社した会社を辞めた

・転職した大企業を1年持たずに辞めた

・中小企業に戻った

 

一つずつお話します。

 

 

新卒で入社した会社を辞めた

 

まず1つ目の出来事は、「新卒で入社した会社を辞めた」ということです。

 

仕事自体はめちゃくちゃ楽だったし、給料も悪くなかったので、「マジで楽勝~」って感じだったんですけど、「年功序列の文化」「部下の方が仕事頑張っているのに、全く評価されてない」という会社の風潮に不満を覚えました。

 

結果的にこの判断が転職が失敗した原因です。

 

ようは、何のスキルも無いくせに背伸びしすぎてしまいました。

 

俺はもっと高みを目指す!

 

こんな思いで会社をやめました。

 

その判断が正しかったのかは、今でも分かりません。

 

 

転職した大企業を1年持たずに辞めた

 

2つ目は、「転職した大企業を1年持たずに辞めた」ということです。

 

まさか自分でもこんなことになるとは思わなかったですね、、、、。
会社で長く勤めることが当たり前だと思っていたのに、1年も持たずに辞めてしまったわけですから。

 

転職した業界は人材業界に転職したんですが、ほんとに辛くて夜も寝れなくなったり、勝手に涙が出てくるまでに酷い状態になってしまいました。

 

なんでこんな状態になったかというと、「求職者を理想の会社に転職させてあげられかったこと」が理由です。

 

転職エージェントとして働くなかで、たくさんの求職者の方々と関わるなかで、「思い通りの会社」に転職できる人と、「思い通りではない会社」にしか内定が出ない人に分かれてしまいます。

 

特に僕は、「思い通りの会社に転職できない人」に対して、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

正直本人の能力などの問題もありますが、「僕にもっと実力があればなんとかできたんじゃないのか?」と毎日毎日悩んでしまい、心が休めなかったです。

 

この経験を通して、「根性論」ではどうにもならないこともあるんだと学びました。

 

 

中小企業に戻った

 

3つ目は、「中小企業に戻った」ということです。

 

大企業に転職して思ったことは、「1人の存在価値はメチャクチャ低い」ということが分かりました。

 

極論、「どんなに凄い成績を残している人」が辞めても、何も問題なく毎日が過ぎていきます。

 

そんな事実も転職して初めて分かりました。
なのでその経験を活かして、もう一度地元の中小企業に転職し直しました。

 

この判断が今の自分には正解だったと思っていて、今では毎日楽しく生活できています。

 

毎日の生活にゆとりをもって生活できているので、今は「副業」にも時間を割くことができており、この「副業」によって市場価値の高いスキルを身に付けようと頑張っています。

 

 

来年は飛躍の年にします

 

来年は飛躍の年にします!!

 

もうこれに尽きると思います。

 

今年は人生最悪のどん底を味わい、ほんとに最悪の一年でした。

 

ただ、その中で学んだことは「働き続けれることが何よりも大事」ということです。

 

どういうことかと言うと、「どんなに良い給料でも」、「どんなに良い待遇」でも働き続けることができなければ、良い思いを出来るのは一瞬だけだということです。

 

なので自分が市場に評価されるスキルを身に付けて、長期に渡って活躍できる仕事に就けるようになるために「ブログ」を頑張ったり、「プログラミング」を頑張ることで、その願いが実現すると思います。

 

来年はこの2つを頑張る!
それを続けることで、より未来が明るくなると信じているから。

 

 

最後に

 

今回は、「ぽんすけの2019年を振り返る」という内容についてお話しました。

 

正直思い出したくないことばかりでしたけど、学びも多い1年でした。

 

自分は市場で評価される能力を備えてない」そのことを知ることができ、「市場に評価されるスキル」を身に付けることで、今後生き残っていけることが分かりました。

 

それが今のタイミングで知れたこと、非常に大きいことです。

 

なので、来年はコツコツと自分を高めることに努めて、その先の未来に向けて時間を割く1年にしていきたいと思います。

 

twitter上でも、「1年本気で頑張ったら、人生が変わった」という内容のツイートをよく拝見します。

 

この言葉を信じて、僕も2020年を頑張ります!

 

2020年の初記事の投稿は、さっそく明日投稿していきたいと思います。

 

テーマは、明日考えます、、、、。笑

 

おわり